2024年3月30日土曜日

3月の本の出前  No.125

3月の「本の出前」のご案内 1.マルシェ会場にて (今回は初出店のお店がいろいろ)   ・日時 3月30日(土)11時~夕方   ・場所 「うみかえる」 糸島市二丈深江海水浴場入口   ☆16時20分から45分間くらい、ヨガ    ヨガスタジオよが凪のゆみさんと。参加500円くらい。     うみかえるの裏の深江海岸浜辺で。   ※能登半島チャリティー蚤の市も開催(自転車、着物、本・・・などの出品も)   ★1日だけのマルシェが開かれ色んな出店が。   ☆将棋道場 11時∼14時半(うみかえるの庭で。松浦さんに勝ったら団子とか。   ☆komorebi sweets,坂田たみちゃんのインタビュー(うみかえるのどこかで。     「人気のお菓子屋さん、ってどうやってできたんでしょうね?」       会場に来た人も質問を‼   ☆「和限」(今年、発芽酵素玄米の食事処を開店)の中山和子さんの初出店。     ・発芽酵素玄米のおにぎりと味噌だまのスープ。300円です。   ☆30日の朝についた餅の販売(米農家、子育て中のぐーさん)     ・間に合えば、無農薬米の自家製緑米玄米餅やよもぎ餅も。   ☆「みぃちゃんコーヒー」(tetocotoのこどもたちが立ちあげた挽きたてのコーヒー)   ★風信子ヒアシンス文庫より1日限りの本の出前―2階です。 2.ブックカフェ「ノドカフェ」にて   ・期間 : 3月8日(金)~5月1日(水)   ・場所 : ノドカフェ(糸島市前原中央3丁目18-18、2F)   ・内容 : 「農に関わる本」  「農に関わる本の話」   ・3月8日(金)11:00~12:00   今回は福岡市内から2名の参加があり、2時間の時間となりました。   葉書、フ16ェイスブック、ラインで直前に以下のお知らせ   農に関わる本の出前とお話  出前の本の話 3月  3月と4月、ノドカフェへの出前の本は、「農に関わる本」 です。「田んぼや畑は先祖からの預かりもんであり、自分のも んであって自分のもんじゃなか。未来永劫にリレーされるべ きものなんだ」「農の原理は循((環であって、成長じゃない。百 姓ってのは借金さえしなければ成長しなくても生きていける んです」、「佐賀県唐津市で、生涯を一百姓として生きてきた 山下惣一」、「井上ひさし氏が山形県川西町に拓いた遅筆堂文庫 による「生活者の視点から農業を学ぶ生活者大学校」の教頭(校 長は井上ひさし)を長く務めた山下惣一さんの追悼の小さな棚や、 「野の学問」を構想し「百姓宣言」の糸島二丈在の宇根豊の本、 徳野雅人、前田俊彦(百姓は※をつくらず田をつくる)、そして 自然農に関わる本など。 小さな場での出前の本のお話会にようこそ。 (連絡なしで、当日直接お出でいただいて大丈夫です) ★連絡先―才津原

2024年2月29日木曜日

「空白の天気図」・・・広島へ No.124

2月19日と20日、広島市に出かけた。叔母から被爆時前からの話を聞くことと、 平和祈念館の企画展を見るためだった。国立広島原爆死没者追悼平和祈念館では、 企画展「空白の天気図―気象台員たちのヒロシマ―」を2023年3月15日から2024年 2月29日まで1年間にわたって行っていた。私がこの企画展を知ったのは今年の1月 半ばを過ぎてからのことだった。 「空白の天気図」は柳田邦男さんの著作のタイトルだ。49年前の1975(昭和50年)に新潮社 から出版されている。1936(昭和10)年、栃木生まれの柳田氏は1960(昭和35)年春NHKの取材 記者として広島赴任を命ぜられ、それから3年3カ月広島に勤務し、主に原爆報道を中心に報道の 仕事に携わっている。東京では気象や災害問題を主要なテーマとし、そのため気象庁に出入りす る機会が多かった。そして1967(昭和42)年7月、西日本各地を襲い、佐世保、呉、神戸などに 300人以上の犠牲者をだした「西日本豪雨」に出会う。とりわけ呉では600か所以上で山崩れや崖 崩れが発生し、死者は88人に上った。 「この災害を調べるうちに、呉では昭和二十年の枕崎台風で死者行方不明千人を越える大災害が 起こっていることを知った。しかも枕崎台風は、呉のみならず広島県下に未曽有の惨禍をもたら したこと、災害の規模が大きくなったのは、県の中枢である広島市が原爆で壊滅した直後で、 防災機関の機能が麻痺していたためであること、などの事実も知ることが出来た。私の広島時代 の取材は、あまりにも「八月六日」のことにばかり目を向けていたため、「九月十七日」のこと など思いも及ばなかったのであった。気象庁に保存されている中央気象台の「枕崎・阿久根颱風 調査報告」を読んだのは、この「西日本豪雨」がきっかけだったのだが、それを読んではじめて、 「戦争が終わったと思ったら今度は台風じゃった。あの台風はすごかった。石は飛ぶし、宮島の 厳島神社の回廊が高潮で浮き上がったのじゃからのぉ。」 と、かつて広島の老記者から聞いるかのsらた話が、私にとってもようやく現実感をもってよみ がえってきたのだった。このとき私の胸の中に、漠とした形ではあったが、広島について書くべ きものの構想が生まれた。」    それから取材と調査が始まる。1974(昭和49)年夏には、「私は本書を含めて書きたいものがあ まりにもたまり過ぎたため、NHKを辞めて執筆に専念することに」し、翌年の1975(昭和50) 年9月に刊行されている。枕崎台風のことを知るきっかけとなった1967年の「西日本豪雨」から7 年後のことだ。 本書の紹介については、稿をあらためてと考えているが、原爆投下の前後の広島の時空に、活字 をおう私自身が立ち会っているとも感じられる描写、その克明な記述に驚かされた。原爆で壊滅 した街の中でどのような一人ひとりの生と死があり、またその惨禍の地を襲った枕崎台風がどの ようなものであり、そこにまたどのような生と死があったか、その一人ひとりが眼前に立ち現れ てくるように思われた。 原爆死没者追悼平和祈念館では、今回の企画展にあたって、A4サイズのチラシ作っている。 「空白の天気図―気象台員たちのヒロシマ―」と太文字で記された表がわには 麦わら帽子をかぶり、立って櫓を両手にもつ男性(船頭)の横顔が紙面の右下に写っており、 左下には、茶色の戦闘帽をかぶり同色の作業服の上着を着た青年の後姿が映っている。 柳田著の「空白の天気図」では、その青年が渡し船の上で閃光にさらされ、濡れ鼠とも幽霊と もつかぬすさまじい形相で6人火傷を負いながらも、歩いて気象台のある江波山を上り、辿り着 いた本科生として、その後のあり様とともに詳細に描かれている。なお写真上に、副タイトル として「観測し続けた者たちの記録」と記されている。 チラシの裏側には、チラシの右側の上段には「元広島地方気象台の関係者たち」として6人の写 真が載っている。うち3人は職員であり、2人は気象技官養成所本科生(うち1人は気象台に定時 に出勤していて、閃光のあと、顔から足先まで身体の右側一面に無数のガラス片が刺さりひど い出血、重症)、一人は重症を負った本科生の姉。 チラシの右側、下段には「迷彩を施された広島地方気象台」の写真。 そして、チラシの左側には、この度の企画展の趣旨が次のように記載されている。 「空白の天気図―気象台員たちのヒロシマ― 1945年8月6日、原爆は広島市に甚大な被害 をもたらしました。爆心地の南方3.7km に位置する広島地方気象台でも、爆心に面 した窓ガラスは割れ、職員の中には重症を 負うものが少なくありませんでした。 その状況下でも、「気象観測を担う者は、現象 についての時間的な変化を絶えず記録しな ければならない」と、最新の気象データを 中央気象台に伝えるため、3名の若手 台員が市の中心に向かいました。しかし、 そこで彼らがした目にはしたのは、まさに地獄絵図 と呼べるものでした。 さらに、被爆後わずか1か月後に広島を襲っ た枕崎台風は原爆被害を一層深刻なものにし ました。気象台員たちはこの二重災害の被害 を後世に教訓として伝えようと、現地へ出向 いて一人ひとり詳細な聞き取り調査を行い、 貴重な調査報告書にまとめました。 今回の企画展では、観測者の視点から記録 された被爆体験記をもとに被爆の実相を明ら かにします。」 ☆この度の企画展の会場で放映されたビデオが祈念館のホームページで見ることができます。  ぜひご覧ください。 国立広島原爆死没者追討平和祈念館 TEL:082ー543-6273  FAX:082ー543ー6273 ホームページURL:https://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/ 〒730―0811 広島市中区中島町1-6

2024年1月19日金曜日

出前の本の話、ご案内 No.123

新しい年のはじまり、どのようにお過ごしでしょうか。 1月1日、賀状をだしおわり、午後になって新年の挨拶をネットでと、日めくりの「いとしま暦」(1月1日)を送信した 直後に、甥っ子からメールが届いた。「石川県で地震が・・・」、17時まじかの時間だった。テレビをつけると津波に 襲われた能登の状況が画面にでて言葉を失う。珠洲市(坂本菜の花さんの本でゆかりの地)や輪島の名前がとびこんで くる。地震が起きた16時10分から1時間近く、そのことを知らずに新年のあいさつなどのやりとりをしていた。そして 翌日には、たまたまテレビのニュースを見ている時に羽田飛行場での日航機の海上保安機との衝突事故が写しだされた。 1日、2日と、なんという年のはじまりだろう。 あの日から15日がたち、能登では道路の寸断が激しく、今朝16日の毎日新聞では6市町村がほぼ全域で断水。 (14日午後2時時点で9000戸停電、9市町で5万5千戸断水、輪島、珠洲、能登3市町の15地区で490人が孤立状態、 400戸の避難所に約2万人) 29年前、1995年1月17日早朝の阪神淡路大震災、13年前2011年3月11日16時過ぎの東北大震災のことが重ね合わせて、そ の当時、その地の幾人かと交わしたやりとりの事があらためて思いだされてもくる。被災の惨状にある能登と900キロ 離れた糸島の地での日常、身も心も定かならずの日々ですが〔その中の人、現し心あらむや〕、新しい年の事始めは、 「出前の本の話」です。 〈出前の本の話〉ご案内―生きるための図書館って何だろう― 2017年11月に顔店したブックカフェ「ノドカフェ」に、開店時から、自宅の「風信子ヒアシンス文庫」から本の出前を してきました。数十冊の本を2か月ごとに入れ替えて。 年はじめの1月、2月は「図書館の本いろいろ」と題して、図書館に関わる本やパンフレットなどが棚に並んで手にとっ ていただくのを待っています。 また出前した本について、その幾冊かを紹介する出前の本の話を行っています。当初、そのテーマを「まことの図書館 って何だろう」としていましたが、急きょ「生きるための図書館って何だろう」に変えました。子細は、出前の本の話 の場で。『生きるための図書館』竹内悊、『移動う図書館ひまわり号』前川恒雄、『図書館の明日をひらく』菅原峻、 『図書館づくり実践記』、『図書館猫デューイ』ヴィッキー・マイロン、そして、そして・・・。 図書館に関心のある人・ない(と思ってる)人・だれでも、そして、もっとよりよく図書館を使いたい、利用したいと 思っている人、小さな場での出前の本のお話会にようこそ。 日時:1月19日(土)11:00~12:00 場所:ノドカフェ(糸島市前原中央3丁目18-18、2F 連絡先:才津原哲弘 ;090-5045-2559 メール:itokazedayori@gmail.com www.kazedayori.jp  「図書館の風」

2023年12月29日金曜日

巻紙4メートルの書簡・伊藤野枝 No.122

ブログ121では「伊藤野枝、伊藤ルイさんのこと」と題して、「福岡出身の女性解放運動家・作家である伊藤野枝さんの没後100年に あたることから、野枝さんをさまざまな角度から論じていただきたいとして企画された伊藤野枝100年フェスティバル」(9月15,16日。 福岡市サイトピア)に参加したことを記した。そこで上映された映画「ルイズ その旅立ち」(監督=藤原智子)のこと、それに先立 ってたまたま読んだ『評伝 伊藤野枝~あらしのように生きて~』(堀和江 郁朋社 2023.4)のことなど。そして、その最後の所に 伊藤野枝は手紙の人と記した。堀和江さんの著書では、その引用の力に心動かされながら同書を読み進めたのだが、中でも野枝の手紙 には驚かされた。その一つが1918(大正7)年、満23歳の野枝が大杉栄が「職務執行妨害」で拘束され東京監獄に収監されたことに対し て、時の内務大臣、後藤新平宛てに抗議して、その理由を糺すために面会を求めるために送ったという書簡、巻紙に墨書された書簡は 長さが4メートルだという。書中には、「あなたは一国の為政者でも私よりは弱い」「私は今年二十四になったんですから、あなたの 娘さんくらいの年でしょう?でもあなたよりは私の方がずっと強みをもっています。」〔後藤新平の長女、愛子は鶴見俊輔1922ー201、そ5 の母〕 4メートルもの長い書簡とは一体どのようなものだったのだろうと、読後思っていたのだが、なんと100年フェスティバルの会場に入った 所に、その書簡全部の複製が展示されていた。読めない文字もあったが、その書簡のすべてを目でおうことができた。思ってもみない出来 事だった。その書簡の全文を記した資料が配布資料として用意されていた。以下にその全文を記します。――――― ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 前置きは省きます 私は一無政府主義者です 私はあなたをその最高の責任者として 今回大杉栄を拘禁された不法について、その理由を糺したいと思いました それについての詳細な報告が、あなたの許に届いてはいることとは思いますが、よし届いているとしても、もし あなたがそれをそのまま受け容れてお出でになるなrそれは大間違いです。 そしてもしそんなものを信じてお出でになるならそれは大間違いです。 そしてもしそんなものを信じてお出でになるなら、私はあなたを最も不聡明な為政者として覚えておきます。 そして、そんな為政者の前には私共は何処までも私共の持つ優越をお目に懸けずんば置きません。 しかし、とにかくあなたに糺すべき事だけは是非ただしたいとおもいます それには是非お目に懸かってでなければなりません。 あなたは以前夫人には一切合わないと仰言ったことがあります。しかしそれは絶対に合わないというのではあり ませんでしたね。つまらない口実はつけずに此度は是非お会いする「ことを希ます。お目に懸かっての話の内容は、 一、今回大杉拘禁の理由 一、日本堤署の申立と事実の相違、 一、日本堤署及び警視庁の声明した拘禁の理由の内容、及び日本堤署の最初の申立てとその矛盾について 一、警視庁の高等課の態度の卑劣、 一、大杉と同時に同理由で拘禁した他の三名を何のリ湯も云わず未監より放免したこと まあそんなものです、まだ細々したことは沢山あります。おひまはとりませぬ。 ただし秘書官の代理は絶対に御免を蒙りたい。それほど、あなたにとっても軽々しい問題では決してないはずです。 しかし断っておきますが、私は大杉の放免を請求するものではありませぬ。また望んでもおりませぬ。彼自身もお そらくそうに相違ありません。 彼は出そうといっても、あなた方の方側、何故に拘禁し、何故に放免するかを明かにしないうちには率直に出ます まい。また出ない方がよろしいのです。 こんな場合には出来るだけ警察だの裁判所を手こずらせるのが、私たちの希う処なのです。 彼は出来るだけ強硬に事件に対するでしょう。私共も出来るだけ彼が、処刑を受けて出てからの未来を期待し たいとおもいます。 彼は今、日本堤署によって冠せられた職務執行妨害という罪名によって受ける最大限度の処刑をでも兵器で予期 しているでしょう。 私はじめ、同誌のすべても同じ期待と覚悟をもって居ります。彼の健康も充分にもう回復しています、そして、 彼は大分前から獄内での遮断生活を欲していました。 彼をいい加減な拘禁状態におく事がどんなにいわゆる危険かを知らない政府者のバカを私たちは笑っています よろこんでいます。 つまらない事から、本当にいい結果が来ました。 あなたはどうか知りません 警保局長、警視総監二人とも大杉に向かって口にされたほど、大杉の同志の人々が離れた事をよろこんでいられ たそうです。しかし、いまこそ、それが本当は浅薄な表面だけの事にすぎなかった事が、わかったでしょう。 そして、私はこんな不法があるからこそ私どもによろこびが齎らされるとおもいます。 何卒大穗の拘禁の理由が出来るだけ誤魔化されんんことを。浅薄ならんことを。 そしてすべての事実が私共によって暴露されんことを。 此度のことは私共には本当に結構な事でした。 また、その不法がどのくらいまで私共には結構な事で、あなた方には困ったことかを聞かせて上げましょう。 あなたにとっては大事な警視庁の人たちが、どんなに卑怯なまねをしているか教えてあげましょう。 灯台下くらしの多くの事実を、あなた自身の足元のことを沢山知らせてお上げします。 二三日うちに、あなたの面会時間を見て行きます。私の名を御記憶下さい。 そしてあなたの秘書官やボーイの余計なおせっかいが私を怒らせないように気をつけて下さい。 しかし、会いたくなければ、そしてまたそんな困る話は聞きたくないとならば 会うのはおよしになるがよろしい。 その時はまた他の方法をとります。 私に会うことが、あなたの威厳を損ずる事でな以上、あなたがお会いにならないことは、その弱みを暴露します。 私には、それだけでも痛快です。 どっちにしても私の方が強いのですもの。 私の尾行巡査はあなたの門の前に震える。そしてあなたは私に会うのを恐れる。ちょっと皮肉ですね。 ねえ、私は今年二十四になったんですから、あなたの娘さんくらいの年でしょう? でもあなたよりは私の方がずっと強みをもっています。 そうして少なくともその強みは或る場合にはあなたの体中の血を逆行さ、すくらいのことは出来ますよ、もっと手 強いことだって―― あなたは一国の為政者でも私よりは弱い。             『野枝さんをさがして 定本伊藤野枝全集 補遣・資料・解説』より ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 後藤新平は関東大震災の翌日9月2日に再び内務大臣となり、きょがくの予算をあてて帝都復興に尽力します。 その復興の最中、大杉、野枝、橘宗一虐殺が群により隠蔽されたことを知り、「この虐殺は人道門だであると、 田中義一陸相に強く当たったと言われて」います(『伊藤野枝と代準介』矢野寛治、弦書房より)。➡配布資料より。

2023年10月1日日曜日

いせひでこ & 柳田邦男の世界 No.118   

風信子(ヒアシンス)文庫から2ヶ月に1回、本の出前を行っている市内前原のブックカフェ 「ノドカフェ」で、9月1日、本の入れ替えを行うとともに、出前の本の話をした。 今回のテーマは、「いせひでこ & 柳田邦男の世界」だ。 これは、伊勢英子さんの絵本『ルリユールおじさん』原画展(10月1日(日)~10月9日(月・祝)と 講演会『とくべつな一日、とくべつな路』(10月7日(土)14時~)が、伊万里市の黒川コミュニティ センターで開催されるので、それに勝手に協賛して今回の出前の本のテーマとしたものだ。 伊勢英子さんの『ルリユールおじさん』の原画展がこれまで、九州・沖縄地区で開催されたのは、2回 だけとのこと。2008年沖縄、2011年福岡市で。私にとっては、伊勢さんの絵本のなかでは、『ルリユール おじさんは』(2007年)は”わたしの一冊”ともいえる大好きな絵本だ。パリの街中のappartementにすむ 少女がこわれてしまった?大切な本をもって外にでかける。別棟のappartmenntの階上にすむおじさんも、朝の街角にでる。少女とおじさんがそれぞれに歩く街角の佇まいがとてもいい。手ぶらででかけたおじさんはバゲットをかかえている。おじさんは仕事場について仕事の準備、そのしごとばの前にやってきた少女は 中の様子にひきつけられてのぞきこむ。〈「おや、まだいる・・・」「はいってもいいの?」〉おじさんは”ルリユール”(製本を仕事とする)おじさんだった。 水彩の絵の力と簡潔なことばの力、少女とおじさんの会話、「ルリユール」の仕事をかたる絵とことば、さいごに表紙に新しくつけられた本の題、少女の名前、ソフィーがきざまれた金の文字の美しさ。おじさんのおとうさんも”ルリユール"だったという職人のしごと。 〈「ルリユール」ということばには「もう一度つなげる」という意味もあるんだよ。〉「ぼうず、あの木のようにおおきくなれ」といったおじさんのおとうさんのことば。詩のようなではなく、詩の語り、詩のものがたりと、心にしみこむ詩と響きあう絵。 『ルリユールおじさん』についで、『大きな木のような人』(2008年)、そして『あの路』(2009年)も ほんとうによくも、このような絵本が生まれるもの! と思える伊勢さんから読者への至上の贈り物だ。 そういえば、『ルリユールおじさん』と同じ年に生まれた『にいさん』(200.8、偕成社)も心に刻まれる一冊だ。『にいさん』からは、『ふたりのゴッホ:ゴッホと賢治37年の心の軌跡』(200年、新潮社)が思いだされる。賢治がでてくると、伊勢さんの『よだかの星』、『水仙月の四日』【なんと、伊勢さんのテーマは「十種類の雪を描き分けること!、だという】。 伊勢さんは『旅する絵描き』(2007年、理論社)だ。 その地を訪ねる旅は、人に出会うための旅でもある。ゴッホや賢治、そして『カザルスへの旅』(1987・理論社、1997・中公文庫)。 出前の本の話の前に、図書館から借りた絵本など、この機会にまとめてゆっくりみることに。 よだかの星(1986)、ふたりでるすばんできるかな(1990)、あらあらあら(1990)、山のいのち(1990)、海のいのち(1992)、かさをささないシランさん(1991)、みんなでりょこうにいきました(1992)、水仙月の四日(1995)、気分はおすわりの日(1996/さし絵)、グレイが」まってるから(1993)、はちみつ(19/さし絵)、空のひきだし(1997)、雲のてんらん会(1998)、ぶう、雪女(2000)、はくちょう(2002)、むぎわらぼうし(2006)、『ルリユールおじさん』(2007)、にいさん(2008)、くるみわり人形(2008)、『大きな木のような人』(2009)、『あの路』(2009・山本けんぞう・文)、まつり(2010)、木のあかちゃん(2011)、「プロセスいせひでこ作品集」(2013)、チェロの木(2013)、かしの木の子もりうた(2014)、「わたしの木・こころの木」(2014)、「こぶしのなかの宇宙」(2016)、ねえ、しってる(2017)、「猫だもの ぼくとノラと絵描きのものがたり」(2017・かさいしんぺい文)、「見ない蝶をさがして」(2018)、『原田マハ アートの達人に会いにいく」(2023・新潮社ーーとても面白かった‼) 柳田邦男さんと私自身の出会いを手渡してくれたのは、乾千恵さんだ。2003年4月2日から27日まで、滋賀県 能登川町立図書館で、『月・人・石―乾千恵の書』展を開催した。『月・人・石―乾千恵の書の絵本』は、福音館書店の「こどものとも」562号として、2003年1月1日に刊行され、その年の12月の初めにハードカバーの本として発行された、千恵さんの十三の文字の書に谷川俊太郎さんの文と、写真家の川島敏生さんの写真で生まれた、日本で(世界でも?)初めての書の絵本だ。(私自身、この一冊の書の絵本からどんなに深い出会いの数々を授かってきたことだろう) その『月・人・石』展に、柳田さんが神戸大震災のあと、毎年神戸での集いの日に参加されていて、その帰途、能登川に立ち寄られたのだ。 以後、柳田さんから直接、又著作を通して手渡されてきたもの、かけがえのない出会いははかりしれない。能登川ではもとより、三重県多気町立図書館(合併後は勢和図書館)、そして平戸市や伊万里市の図書館で。絵本専門士養成講座の場でも、そして、そして・・・。 出前の本の話の場に 9月1日のノドカフェでの出前の本の話の場に、思いもよらないお二人の参加があった。このたびの伊万里での伊勢英子さんの原画展と講演会の仕掛け人のお二人。 伊万里市黒川町から羽柴よしえさんは何とキーボードを抱えて、岩野聡子さんは(あとで、わかったことだが)『ルリユールおじさん』を何冊ももって。この日の参加者は私を含めて6人、最初に自己紹介のあと、お二人の語りよみが始まった。羽柴さんのキーボードからここちよい音がきこえるのなかで、岩野さんの読みかたりがはじまった。その声と伴奏の音に耳をかたむける4人の膝には、岩野さんから手渡された『ルリユールおじさん』があり、一人ひとり頁を開きながら、『ルリユールおじさん』の世界にはいっていく。 読みかたりの場で、その声な耳をすます人のだれもが、その本を手にし、それぞれページをめくりながら、 同じときをもつ、というのは私にとって初めてのことだった。 なんとも心みちるうれしい時間だった。一時間の時間が、お二人から手渡されたなんとも、うれしく愉しい気につつまれて、瞬く間にすぎたように思えた。 伊勢英子さんと柳田さんの本のこと お二人の著作はそれぞれたくさんある、まだ読めていないものもたくさんある。 その中でもまず、新たに、あるいはもう一度読んでみようと思っているのは、お二人の著作だ。 さいごに、それを記しておきたい。 ・『画集「死の医学」への日記』伊勢英子・絵 新潮社1996  ※1994年4月から95年3月まで、毎日新聞全国版に週1回、連載。 ・『見えないものを見る―絵描きの眼・作家の眼』1997 ・『はじまりの記憶』(1999、講談社、2002・文庫)初出「本」1998.9∼1999.5) 🌸いせひでこ 絵本『ルリユールおじさん』原画展   ・ 10月1日(日)~10月9日(月)     平日/10:00~17:00、     土・日・祝日/10:00~20:00   ・場所:黒川コミュニティセンター〔伊万里市黒川町塩屋504ー1)☎0955-27-0001 米講演会はいっぱいとのこと。

2023年9月30日土曜日

伊藤野枝,伊藤ルイさんのこと     No.121

9月16日(土)、「伊藤野枝100年フェスティバル」(福岡市西区・さいとぴあ)に出かけた。 プログラムは以下の内容だった。 ①映画「ルイズその旅立ち」10:30~12:10 ②神田紅氏講演      13:30~14:10 ③森まゆみ氏講演     14:30~15:30 ④座談会         15:30~16:30 ------ 主催者は「伊藤野枝100年プロジェクト」、同会のパンフレットには「伊藤野枝没後100年を迎えるにあたり、彼女の人生の軌跡を振り返り、未来へと語り継ぐ取り組みを行うために「伊藤野枝100年プロジェクト」を結成しました。そのために広くサポーターを募ります。月に一回『伊藤野枝集』を読む読書会を行っています。ご興味のある方は、以下のメールアドレスからご連絡ください。 Instagram,Twitterもフォローお願いします。itounoe100@gmail.com」----------------------------------------------------------------------- とある。 ①映画「ルイズその旅立ち」 パンフレットの映画の紹介では、「大杉栄(明治18/1885 ・1・21ー大正12/1923 ・9・16)と伊藤野枝(明治28/1995・1・21ー大正12/1923 ・9・16)の四女のルイズは、両親の非業の死を知って市民運動家として個人の自由と尊厳を守る活動を続けた。その姿を中心に、野枝の今日性に迫る、ドキュメンタリー映画」と記されていたが(日時は筆者、記述)、私にとっては初めてこの映画を見る機会だった。 この映画を見る4日前の9月12日から、私は1冊の本を読み始めていた。『評伝 伊藤野枝~あらしのように生きて~』堀和江(郁朋社 2023.4.28)だ。私が1週間に1,2回は行っている地元の図書館、自宅から車で10分の糸島市図書館ニ丈館(糸島市立図書館の分館)の新刊書の棚で手にしたのだった。映画について触れる前に、まずこの本のことから記したい。 二丈館の私の利用の仕方は、糸島市の図書館はリクエストが1人10冊までの制限があるので、いつも10冊の本をリクエストをしている。今は用意できた本は、図書館からすぐにネットで連絡があるため、その本を借りる時に、借りた冊数だけ新たなリクエストをして、ほぼ常時10冊の本が予約されている状態になっているという次第。私が二丈館の新刊書の棚で見つけて、借りるのは1年で10冊に満たない。年間5,6冊あるかどうか。だから、『評伝 伊藤野枝』は、私にとっては、とても得難い出会いだった。 因みに、二丈館の既存の本、開架室では、私が読みたい本はあまりない。 このため、一度にこれはと思う本を思うだけ借りている図書館は、県外の市立図書館でだ。この図書館では、能登川や東近江市の図書館と同じように、貸出冊数に制限がない。期限内(2週間)に返せばよく、借りている本を他の利用者の予約がなければ、1度だけ、貸出の延長ができる。(月に1,2回出かけて行く。自宅から車で50分)二丈館だけでなく、糸島市の図書館の本館でも、新刊棚や既存の蔵書の中に、私が読んでみたいと思う本が、きわめて少ないのだが、その図書館では新刊書の棚に、何冊も手に取りたい本を見つける。市外からの私はできるだけその棚の本を借りることを控えていて、場合によっては、そのうち、これはと思う本を、糸島市の図書館で、予約、リクエストをしたりしている。いつも驚かされるの は、開架室で短時間で読みたい本を、たちどころに見つけられることだ。二つの手提げ袋にいっぱいになることが、しばしばだ。この図書館には、利用者が利用できる書庫があり、そこには、私のこれからの限りある時間の中では、読み切ることができないだろう、読みたい本がたくさんある。 『評伝 伊藤野枝』のこと 堀和江という著者のお名前をこの本で初めて知った。これまで私は伊藤野枝や大杉栄の本をいくらか読んでいて、その時々の野枝や大杉の行動や思想(考え方)が私の中に刻まれているが、野枝の生涯の足跡を通して知ることはなかった。 1895(明治28)年1月21日、ノエ(戸籍名)はみぞれまじりの寒い晩に福岡県糸島郡今宿村大字谷(現・福岡市今宿)に生れた(第三子長女)。本書ではその折の両親、伊藤亀吉、母ムメの暮らしの様や野枝の少女時代から、1923(大正12)年9月16日、関東大震災後の混乱のさなか、甘粕正彦憲兵大尉によって、大杉栄、その甥の6歳の橘宗一(大杉の妹あやめの子)とともに虐殺、惨殺されるまでの、野枝の生涯の歩みが、「第1章広い世界へ」、「第2章新しい女」、「第3章大杉栄との出会い」、そして「第4章二人の革命家」で描かれている。 最後の章、「第5章 野枝の残したもの」は、そのほとんどが私が初めて見聞きする事柄、その内容に驚かされ、また深い感銘をうけるものであったが、ここにその細節の小見出しを記して、その内容の一端を示せればと思う。 (1)甘粕正彦  〈主義者殺し〉    ・1923.12.8甘粕―懲役10年、森―懲役3年、鴨志田、本田、平井―無罪。    ・1926(大正15.10.9 仮出獄【懲役10年だったのに、わずか2年10ヶ月で仮出獄。出t          所後、行方知れず。    ・1927(昭和2).7 日本を離れ、フランスへ。(春に結婚した服部ミネと)~1929       (昭和4).2月  〈満州での謀略〉     1929.2 フランスから帰国し、夏、満州へ。関東軍(板垣征四郎、石原莞爾)の          「満蒙領有計画」に同調、この二人と同志的行動をとっていく。(ハルビン暴         動、日本領事館、朝鮮銀行に爆弾なげこむ    ・1932(昭和7)満州国建国後、民生部警務司長(警察長長官に相当)に大抜擢さ        れ、表舞台に登場  〈満映理事長〉1939(昭和14)総務庁次長・岸信介の尽力で満州映画協会(満映)の理事         長に。  〈甘粕の最期〉 (2)辻まこと  〈父・辻潤〉  〈辻潤、天狗になる〉  〈母、野枝〉  〈転機〉  〈爽やかな風〉  〈静かな暮らし〉  〈すぎゆくアダモ〉 (3)伊藤ルイ   〈魔子(長女)〉6歳 → 真子  1968(昭和43)急逝、51歳。   ・1923(大正12)10.5 代準介ら4人の遺児をつれて今宿へ、伊藤家へ入籍、代家に。    〔幸子(次女)〕生後8か月 大杉の妹、牧野田松枝の幼女となり天津へ。エマを幸      子と改名    〔笑子(三女)〕2歳 エマ ⇒笑子 1997(平成9)映画『ルイズその旅立ち』、イ     ンタビュー断る    〔伊藤ルイ(四女」〕11歳 ルイズ → 留意子    (ネストル)生後2か月 → 栄 (翌年8月15日死亡)     ・笑子、ルイズ、ネストルの3人は亀吉とムメのもとに。  〈ルイの結婚〉  〈戦後〉      〈一人立ち〉     ・1953(昭和28)ルイと名乗り始める(31歳)     ・1959  副島人形店に(37歳で弟子入り)・・・何とか経済的に独立できないか     ・1964(昭和39)42歳で伊藤ルイに。  〈死因鑑定書〉      ルイ、1976(昭和51)年、半世紀ぶりに「死因鑑定書」発見される。解剖軍医の      夫人、大切に保存。      甘粕の軍法会議での供述の偽りが明らかに。      大杉栄―肋骨、3カ所。 胸骨―完全骨折      伊藤野枝―肋骨、3カ所。 胸骨―完全骨折、その上、カラダハ暗赤色      すこぶる」強なる力(蹴る、踏みつける等)が加わった後、扼殺。 ―――      その後、「憲兵隊本部の古井戸に、裸にされ、菰(こも)に包まれ、麻縄で縛っ      て投げこまれていた。     しかもその上から煉瓦が多数投げこまれ、さらに馬糞や塵芥が投げこまれ井戸は完       全に埋められていた。」  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【予審調書での甘粕の発言―『甘粕大尉』角田房子(中公文庫1979、同書の      「あとがき」執筆期日 は1970.7 】では。        「同日(9月16日)8時ごろ憲兵司令部の応接室で今使用しておらぬ室へ森曹長が大杉     栄だけを連れて行き取調べて居ります時に、私が大杉栄の腰かけて居る後方からそ     の室に這入って、直ちに右手の前腕を大杉栄の咽頭部に当て、左手首を右手掌に握       り後ろに引きましたれば椅子から倒れましたから、右膝頭を大杉栄の背骨に当て柔     道の締め手により絞殺致しました。大杉栄は両手をあげて非常に苦しみ約十分位で絶    命いたしましたから、私が携えていたゐた細引を首に巻いて其場に倒しておきまし      た。大杉栄は如何なる訳であったか、絞殺する際少しも声を発しませんでした。     (中略)モリ曹長には同人が調べているときに私が絞殺すると畏怖ことを示してあ       りましたが、私が絞殺する始めには森曹長がボンヤリして椅子に腰かけて居りまし     たが、殆ど絶命するようになって足をバタバタいは     せてゐますので、私が命じて其の足を捕へさせたと思ひます。」(27頁)     このあとに、大杉の時と同じようにして伊藤野枝を絞殺したことが述べられている。     「(中略)子供は私に馴染み分隊に来てからも附きまといひますので、誰かに引取ってや者はないかと冗     談のやうに分隊の者にいつた位で、伊藤野枝を絞殺する前に私の許に来ましたから、隊長室の隣の部屋に     入れて戸をしめ一寸待つてくれといひ置きましたので、子供はそれをきき隣室で騒いで居りましたから、     伊藤野枝を絞殺すると直ちに隣室に行き、手で咽喉をしめ倒しその後細引を首に巻きつけて置きました。     子供を絞殺する際、声を発しませんでした」     「(中略)大杉栄、伊藤野枝及子供の三死体は午後十時半頃、森曹長、鴨志田、本多、平井三上等兵に手      伝はせ憲兵隊の火薬庫の傍にある古井戸の中に、菰に包み麻縄で縛して投込みました」(28頁)   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・1976(昭和51)54歳、死因鑑定書を読む読む。(1976年8月26日朝日新聞に掲載)  すさまじい暴行。「53年かかって、悪い星がわが身にふりかかったような苦しみ―一睡もできなかった。はじめて、  肉親としての実感と悔しさに目覚めた」 「そしてルイは、このような悲嘆―ルイや親族だけのものではなく、ありとあらゆる弾圧を受けた人びとすべての人  のものであると思い至る。そして、両親が虐殺された9.16の日に福岡の地で集まりを持とうと考えた」 【この鑑定書により、《大杉と野枝は肋骨などがめちゃめちゃに折れ、死ぬ前に蹴る、踏みつけるなどの暴行をう け、喉頭部を鈍体(拳或は前膊ゼンハク)にて絞圧し、窒息させたもので、致死後裸体となして畳表に梱包の上、 東京憲兵隊本部構内東北隅弾薬庫北側の廃井戸に投げ捨てたもので、当時七歳の橘宗一(大杉の甥)も同じように 扼殺されていた》ことが判明。 (ルイは)さすがにショックをうけてその夜は眠れず、しかし夜明けがたになって、このような死が待ちうけて いると知りながら、「私たち夫婦は畳の上で死なれんと」と母親に告げていた野枝の覚悟を想い、心を痛めながら もそれを受け入れていた祖母を想いするうちに、同じような弾圧の中でムザムザと生を断たれた人びとや、その家 族の上に想いがかかり、大杉らの死を「私」ごととしてではなく、他の人びとと同じ視点から「優れた先達」とし て見る立場というものが獲得できた。 その直後、20年近く学習会を続けてきた仲間【梅田順子さんたち】と1年に1度、9月16日(大杉らの殺された日) に弾圧死、刑死、獄死された人、現在弾圧されつつあるひとたちのことを学習する会をもとう、ということで、そ の年、つまり76年9月16日から毎年学習会をすすめ、今年が8回目となっている。(『虹を翔ける』1991、10頁)】 ・1980(昭和55)豊前火力発電所反対運動の集会で松下竜一と出会う。その後、熱心な取材の申し出に悩んだ末、  1年半という長期インタビューに応えることに。      「松下さんとの出会いが80年の1月15日成人の日で、その日梅田順子さんに誘われて豊前の土を踏んだのが始まりで、 『ルイズ』が世に出ると共に私も動き出してしまった。北海道から沖縄まで人に招かれ、あるいは自らのプライベー トに、旅は数十う回に及び、ついには86年夏のベラウ、フィリピン、台湾の旅から、1昨年11月から昨年2月初めま での地球一周の旅へと拡がり〔ピースボートの旅〕、請われるままに出した本が三冊となった。〔『海を歌う日』講 談社1985、『虹を翔ける―草の根を紡ぐ旅』八月書館1991、『必然の出会い』影書房1991〕実にこの80年代とは、 私にとっては、劇的な10年であった。【『海を翔ける―草の根を紡ぐ旅Ⅱ』八月書館1998、80頁】      ・1982(昭和57)『ルイズ―父に貰いし名は』松下竜一(講談社1982.3)   ―すべてを)語ることによって、自己の再生、再出発にむかうことに。     60歳のルイ、軛(くびき)から解き放たれたよう  溌剌として自在な行動始まっていく。   好奇心のかたまりのようになって北から南まで、市民運動にたずさわる人びとを訪ね歩く。 ・1985(昭和60)前年に26年にわたる博多人形(彩色職人)の仕事に区切り、年金生活。全国の草の根の市民運動を  応援する旅。  〇野枝の最後の文章を読む。   「自己を生かすことの幸福」  虐殺の5ヶ月前。『婦人公論』   「ルイ、63歳になって28歳の女、28歳の葉はとしての野枝を思いえがくとき、じつに美     しく、輝いて感じる。女たちへの遺書」として書きのこされたのを感じる」  ・1989(昭和64)1.11)1.11 天皇がなくなった(1月7日)4日後、毎日新聞、ルイのコメ    ント。    ルイは4歳で昭和を迎え、その人生は昭和の歩みとほぼ重なっている.          「大正の終わり、昭和の準備期に反軍思想の故をもって両親は軍人に殺された。「天    皇に弓を引いた者の子」呼ばれて育った私にとって「天皇」はいまもなお暗く重い荷物であり恐怖の対象である。「昭和」をもって「天皇」をなくすことでしか、日本のこの恥多き日々からの立ち直りはない。」(『必然との出会い』) 〈天皇を問う〉 〈Tシャツ訴訟の原告団長として〉   三菱重工業等の連続企業爆破事件、大道寺将司―1987.死刑判決確定   支援のためのサイン入りTシャツ差入れ―東京拘置所、拒否。死刑確定者であるが、「差入交通権訴訟」の原告となることで、訴訟を遂行していく権利をもつことに。ルイ、率先して原告団長に。 ・1995(平成7)ルイ 原告側証人として2時間の証言。自身の生育歴、市民運動へのかかわり、三菱爆破とマスコミ報道等について。 「彼らが三菱重工を弾劾したのは― ベトナム戦争に加担、戦争という人を殺すための武器製造を止めさせるための行為であり、故意に人を殺すために三菱を爆破したのではないことは明らかである。それにもかかわらず、マスコミは彼らを爆弾魔と呼び、思想性のない殺人犯の扱いをしている」     ―――  「1923年9月16日、私の両親と従兄弟は関東大震災の混乱に乗じて憲兵大尉甘粕正彦らに虐殺されるのだが、それは彼らが何かをやったから殺したのではなく、その思想によって殺されたのであって、陸軍大臣も事実を知って烈火の如く怒り、閣議では後藤内務大臣も人権蹂躙であるとその不法行為をきびしくなじった。にもかかわらず、新聞記事はそれを報せず、第一報から少年橘宗一殺しのみを集中的に報じている。このように真意を伝えず、センセーショナルな記事として誤った見方を植えつけた。」   「凄まじい迫力の証言であった―それは志半ばで命を断ち切られた伊藤野枝の魂が、ルイの体を通して、現代を撃った言葉であったのではないだろうか」 ・1996(平成8)「4月半ばまで呼ばれるままに全国を駆け回っていたのだが、身体の不調を訴えて」5月に入院。末期がんの宣告。駆けつけた松下竜一に「私はしたいことをしてきたから、もういいよ」と笑って受けいれ、延命治療を拒否。      そして最期は、早くに家を出ていた長男の容典の手厚い看護を受けた6月28日の明けがた、ルイは眠るように息を引き取った。74歳の生涯を、野枝が生まれた今宿の地で閉じた。」 再び、映画「ルイズ その旅立ち」について 先に『評伝 伊藤野枝』の中の、「伊藤ルイ」の章から、いくつもの引用をしたのは、この本で読んで私が初めて知ることになったことが、映画の中で次々に画面と音声と共に立ち現れたからです。まだ、この映画を見ていない人に、この映画の背景を伝えるのに、同書は何よりの手引きだとも思えるものだった。 以下、映画で印象に残ったこと(思いだすままに) ・1972(昭和47)橘宗一の墓碑の発見。名古屋、草むらから。宗一の父橘惣五郎、昭和初期に秘かに建立。墓石の裏に「犬共に虐殺さる」。墓碑の前でルイたち、姉妹他の集いの画面。 ・1976(昭和51)「死刑鑑定書」発見をめぐって。鑑定書を書いた軍医は亡くなっていたが、それを大切に保存していた。 解剖軍医の夫人によりはじめて公開されたのを取材した画面。新聞記事で大杉らが虐殺されて53年後に「死亡鑑     定書」の新聞記事を見たことが契機となり、9月16日に毎年学習会を開くことに。1976年から。  〇松下竜一さんの「草の根通信」に長期にわたって連載された伊藤ルイさんの旅日記は、その前半が『虹を翔ける』   (1983年~1989年/八月書館・91年2月20日刊)にまとめられていたが、後半部分を収録した『海を翔けるー草の根を紡ぐ旅Ⅱ』(1990年~1996年)が刊行されたのは、1998年11月16日で、ルイさんが亡くなって2年2か月後のことだった。   松下さんは1996年6月28日に亡くなったルイさんの追悼文集、109人の文章で編んだ『しのぶぐさー伊藤ルイ追悼集』を97年1月30日に八月書館からまず刊行されたのだ。その『海を翔けるⅡ』の第1章1990年―1991年の1節「≪9・16の会  も第16回となる」に第1回からの内容が「極く簡単に説明されている」が、ここに記しておきたい。ルイさんたちがそれ までやってきた学習会や取り組んできた運動、活動の一端がしのばれるのではととも思い。 第一回 発会 千代隣保館 故井元麟之さんの部落差別によって犠牲となり断罪された「松原五人衆」の話など。 第ニ回 江口喚著『三つの死』を読み、小林多喜二の死と大学病院の解剖拒否のこと。 第三回 この会の世話人たちがかかわってきた朝鮮人孫振斗さんに「特別在留」が出た日で、原口頴雄さんによる童話教育の現状。 第四回 〈福岡部落史研〉の薄井一央さんによる坑内夫人労働者の話。 第五回 〈小郡ニュータウンを考える会〉小野主基雄さん、田篭幸雄さんんの「久留米藩百姓一揆」と農村の現状。 第六回 太田稔君による甲山冤罪事件の話。 第七回 横浜の野本三吉さんによる寿町に住む日雇労働者たちの生活。(1982年) 第八回 東京の下島哲郎さんの沖縄とのかかわありについて(「草の根通信」131号に詳しい)。 第九回 35年間を殺人罪死刑囚として過ごし、自らの努力によって無罪判決をかち取られた熊本の免田栄さんの話。 第10回 合同労組筒井修君のその労働運動の自分史。 第11回 大阪府箕面忠魂碑訴訟原告古川佳子さんの、戦死された二人の兄さんと母小谷和子さんへの想いを通しての訴訟と     のかかわりについて。 第12回 沖縄県石垣島白保の山里節子さんに、白保新空港反対運動の話。 第13回 新潟県東蒲原郡三川村に〈阿賀の家〉を構えて、「昭和電工」によって起きた阿賀野川沿岸の新潟水俣病の患者さんの、阿賀野川と共に在る生と死を映画『阿賀に生きる』として撮っている佐藤真さんの話。 第14回 福岡県築城(ついき)の地域公民館、自衛隊を相手に反戦の闘いを続けている渡辺ひろ子さんの話。 第15回 京都市伏見の音楽教師朴実さんと朴清子さんの話。朴実さんは在日朝鮮人で帰化後本名の「朴実」を裁判によりはじめて獲得した人。 第16回 南アフリカのANC駐日代表ジェリー・マッイーラ氏。(1991年) 〇第七回の集い、に横浜寿町の野本三吉さんの名前を見て驚いた(1982年)。1972(昭和47)年、私の初めての図書館の働き場となった千葉県八千代市の図書館を2年で退職し(1975.3)、私はアルバイトで費用をため、日本の外に出ることを考えていた。その候補地として考えていたのが、イスラエルのキブツだった。多分1972年5月8日のテルアビブ空港乱射事件が起きる前だったと思う。私はキブツ協会を訪ねて、応対してくれた職員の人、私よりはいくつか年上、30歳前後の人と話をした、岸田哲さんというキブツでの体験のある方だった。確かその時、私はそこで発行されていた『月刊・キブツ』のある号を入手した。それには3人の鼎談が掲載されていた。山尾三省、野本三吉、原康夫の3人、そして司会が「月刊・キブツ」編集部 岸田哲氏。いずれの人も私が初めてその名前を見る人で、それぞれがどんな人か、私は何も知らなかった。三人の話の中では、野本三吉さんの話が私の中に飛び込んできて、私の心に深く刻まれるものとなった。その頃、私は図書館を私にとって、生涯の場としては考えていなかったが、図書館の在りようとして、そうある(べき)ものとしての姿が、野本さんの働く寿生活館(横浜市民生局の管轄)の図書室にあると感じた。〈私にとっての、図書館の原形、あるべき形) 野本「生活館では図書室を開いているんだけれど、他の場所と違って、名前と年齢とどこに泊まっているかがわかったら、すぐにどんどん貸し出すことにしている。だから、月に六十冊ぐらいは亡くなっちゃうわけ。だけど逆に。「こんな無担保で本を貸すというのは、オレは始めてだ」と酔っぱらいながらいう人がいたりして、「信用してもらって、絶対にオレは返しくる」というんだな。そんな人が一人でもあると、なくなったって一向構わん。そんな風なつながりが段々広がってゆくとよいと思ったりする。 山尾「面白いですよね。本が一冊もない図書館なんていうのは。(笑) 野本「この間、ぶ厚い『広辞苑』がなくなったんだ。しばらくしたら、黒メガネをかけて大きなマスクをかけた人がね、ことさら帽子をまぶかにかぶって、「ここに『広辞苑』があったけど、どうした。」っていうんだ。あ、この人だなと思ったけれど。「みんなが読みたがっているけど、なくなちゃったんだ」といったら、「あんなもの売ったって売れないじゃねえか。オレはせっかく読みにきたのに。」とか、さかんにいっていたんだ。 それから三日後、「川っぷちに新聞紙にくるんだ『広辞苑』が落ちていた」」と持ってきてくれた人がいたんだけれど、それがその人なんだよ。(笑)大体顔の輪郭でわかるんだよ。それで、どうもありがとうございました。本当に助かる、とぼくは一生懸命にいったわけだ。それで彼も安心して自分の名前やら何やらいうんだよな。 そういう感じ」で、実に不思議なつながりなんだな。ああいうところでは、本物のつながりなんだな。本物のつながりができるかも知れないと思うんだな。これからどれだけあそこで持続できるか、一つの賭けになるな。 野本「公的な社会のインサイダーとでもいえる地方公務員になって、やはり中央政府に対する地方自治の問題を考えざるをえなくなっているわけです。すでに完全に中央集権の一環として組織されてしまっている地方自治体を内側からつくりかえていく努力をしなければならないと思っている。 もともと地方自治というものは、顕在化した共同体と同じような内容を持っているわけです。とくに、ぼくの民生というような仕事でいうと、社会福祉であり、公的扶助なわけ。相互扶助の精神をもっと生かすべきところだな。・・・・・      「今月からこの「生活者」という個人誌を出しはじめたんです・・・・・・・・・・・・・ これを出し始めたのは、〉自分は一つのところを掘ってゆき、また他の人は違うところを掘っているわけで、それぞれがやっている営みをつなぎ合わせてゆく一種の開かれたコミューンをつくってゆきたいと思ったからです。こういった個人誌というのはある種の手紙の代りなんだけど、ぼくが今こうしているというのをパァーッと出すと、どこかからか反応がある。すると、体は離れていても自分の心が向うへ旅し、向うの心がこちらへ旅してきたというコミュニケーションが成立するさ。今のように物理的な旅ができなくなった時に、こういう型式が出てきたわけです。これも一種の共同体の顕在化した姿だと思う。 この個人誌もいつまでつづくかはわからないけど、今の気持ちとしては、小さいさいものだけれどものだけれど、死ぬまで続けたいと思っています。 (『いのちの群れ』社会評論社1972年12月10日初版、1974年7共生共死の原資―に収録) ――― この一節が私の生涯の歩み伴走してきたことをあらためて思う。 梅田順子さんのこと 映画「ルイズ その旅立ち」を見ていて驚いたのは、伊藤ルイさんを偲ぶ会で発言する梅田順子さんが現れたことだ。私が梅田さんにお会いしたのは1980年代の半ばころだっただろうか。 当時,博多駅前4丁目にあった財団法人(232㎡の図書室〈記念会館図書室〉とお年寄りのための無料の施設及び有料の会議室)に勤務していた私は、住まいの近くに住んでおられた梅田さんを生協の利用を通して知りあったのだと思う。その頃、私は人口100万人をこえる福岡市で、市立図書館が1館しかなく、年々歳々、図書館をめぐる状況がひどくなると思っていて、福岡市の図書館のあり方を考える市民の活動が必要だと切実に考えだしていた。そんなさなかに、梅田さんにお会いした。梅田さんがそれまでどんなことをしてこられたか、当時どんなことを されていたか、私はまったく知らなかったが、図書館を考える市民の会の代表は、この人だと思い、梅田さんにお話をした。そのやりとりの次第の記憶はないのだが、梅田さんはすっと受けてくださったように思う。穏やかで心深く大きな人、深く考え静かに行動される人ととの出会いで「福岡の図書館を考える会」の活動が始まった。1987年のことだった。考える会では、 月1回の定例会や「図書館の話の出前」、そして福岡市の図書館政策づくりに取りかかった(1年ぐらいかけて『2001年われらの図書館―すべての福岡市民が図書館を身近なものとするために―』1988年1月24日刊行。福岡の図書館を考える会)。その間、講演会の開催や図書館見学会などを行った。その活動を梅田さんは深く支えてくださった。 今から振り返ってみると、私が梅田さんとお会いした当時は、先に記した伊藤ルイさんが梅田さんたちとはじめた〈9・16の会〉が第11または第12回の集いををされていたころではないかと思われるが、図書館を考える会の活動をしている時に、それらの活動について、また伊藤ルイさんのことも、お聞きすることがなかったと思う。ただ、福岡市の公民館が梅田さんたちの学習の場であったことをお聞きしたかもしれないが、詳しくお聞きすることはなかった。思いも寄らないことだったが福岡県の苅田町雄で町立図書館を新しくつくるという動きが生まれ( 「図書館の話の出前」で出かけたことがきっかけとなり)、1988年12月1日から、私は苅田町の職員となり、図書館開設の準備に当ることになった。(図書館開設準備室長)新館は1990年5 月に開館したので、開館まですさまじいスケジュールであった。苅田町立図書館には1995年3月まで、6年4カ月在職。この間図書館の開設準備や開館後の運営に時間を費やし、苅田に行ってからは、梅田さんとゆっくりお話する機会をもてなかた。これも今になって知ることだが、〈9・16の会〉の活動をはじめ、梅田さんのルイさんと行動を共にする活動や梅田さんたちのグループの活動などで(九電株主訴訟で実質的な事務局長という役柄―『海を翔ける』50頁)、私が苅田にいた期間も、梅田さんはとても忙しい時を過ごしておられたのだった。苅田の後、私は1995年4月から滋賀県の能登川町の図書館づくりに関わり、12年館その地で過ごし、2007年5月に能登川の図書館を退職して福岡にかえってきて、梅田さんとお会いし、折々に野枝さんの墓石のことなど、少しばかりお聞きすることはあったものの、 ルイさんと共に行動されたお話などもゆっくりお聞きすることはなかった。『虹を翔ける』、『海を翔ける』のルイさんの「草の根を紡ぐ旅」を通して、随所でルイさんと行動を共にされていた梅田さんの姿を底に見て、今にして目を瞠るばかりの私である。 コロナ前、梅田さんが新しい生活に入るにあたり、たくさんの梅田さんのご蔵書の取扱いについてのご相談があり、ひとまず「風信子(ヒアシンス)文庫」でお預かりすることとし、トラックにいっぱいの本を積んで、二丈の地に。ご本の取り扱いについて、お任せいただいたことから、本の出前でも活用させていただいている。前々回のノドカフェへの本の出前では、 「伊藤野枝、伊藤ルイをめぐって」のタイトルのもと、『伊藤野枝全集』やルイさんのサイン入りのご本や『しのぶくさ』、『向井隆の詩』、松下竜一の本ほか、梅田さんたちの市民運動から生まれた思われるパンフレットなどが棚に並んだ。これからも『梅田順子文庫』(梅田さんは仲間たちとグループ「カナリー」という会をつくっておられた。仮称「カナリー梅田順子ぶんこ」はどうだろう?)から、出前をしていきたい。 手紙の人 伊藤野枝 『評伝 伊藤野枝』では、随所に引用されている文章で、もうすでに亡くなっている、会うことも叶わない人、一人一人が今、眼前に生きている人のように立ち現れてくるのをかんじた。それまでしることのなかった和田久太郎や村木源次郎という人が、 目の前に浮かんでくる。辻潤が語る野枝評にに心うたれる。辻まことをこのように晩年まで描いてくれた著者に読者の 一人として快哉の声をとどけたい。 そして、野枝の手紙には驚かされた。野枝という人は手紙の人だとの想いがこころに浮かんだ。 1909年、14歳の野枝が東京に住む叔父、代準介に3日にあげずだした、用箋に5枚、10枚の分厚い手紙、それを見た代の燐家の村上浪六(大衆作家)はその手紙を見て、その迫力ある文章、男のような文章に感嘆、『(東京に)お呼びなさい。この子は見所がる。文章といい、文字といい、とても13,14の娘のものとは思えない」 そして平塚雷鳥にだした最初の手紙、また時を経て「『青鞜』を任してみてくださいませんか」との手紙。 さらに1918(大正7)年、時の内務大臣、後藤新平に宛てて出した」巻紙4メートルの書簡。これについては、ブログの号を改めてかくことに。

2023年8月27日日曜日

西田博志さん 悼詞 No. 120

昨年11月に亡くなられた西田博志さんの追悼の記を図書館問題研究会(図問研)福岡支部の会報 に投稿しました。ここに掲載いたします。  (掲載が遅れました。)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー     われらが西田博志さん —―これが図書館だ―― 悼詞〔 1937―2022.11 〕 ——―「図書館は何のためにあるのか」「今、何をしなければいけないのか」——― 昨年2022年11月5日、西田博志さんが亡くなられた、と滋賀の松野さん(東近江市八日市図書館長)が電話で知らせてくれた。「ああ」という言葉にならない思いが体をかけぬけた。西田さんは1984年(昭和59年)4月から1997年(平成9年)3月まで13年間、人口4万人の八日市市立図書館の館長をされた。私にとっては“これが図書館だ”と示し続けてくれた人だった。 日を経るごとに、その時々の西田さんがたち現れてくる。私が2007年3月で東近江市立能登川図書館を退職し糸島に住むようになってからは毎年、賀状で糸島での折々のことをお伝えするだけでこの15年間、奥さまの征子さまからの家人へのお便りで、その消息を知るばかりだった。思い返してみると、西田さんとゆっくりお会いし、お話できたのは指折り数えるほどだが、西田さんにお会いして以来、私の中にはなんとも懐かしい、心たのもしい人としての西田さんが傍らに居つづけていたことを、あらためて思い知る。 図書館の現場から、いま、これからの図書館の在りようを指し示し、図書館員として今「何をしなければならないか」を、後からくる人たちにその実践をとおして灯火のように指し示してこられた。心に西田さんを思うと、われらが西田さんだったとの思いが浮かぶ。    松原市民図書館(開館して2年目)を訪ねる 中川徳子さん、西田博志さんとの出会い 以後、思わず知らず西田さんから授かったものを振りかえる時を過ごしてきた。 心に刻まれているいくつかのこと、また西田さんにお伝えする時をもてなかったが、お話してお考えをお聞きしたかったことも西田さんに向けて記したいと思う。 初めての出会いは思いもよらぬことだった。 千葉県八千代市の図書館を退職して2年後の1976(昭和51)年、今から47年前になるが、福岡市に初めての図書館、福岡市民図書館が開館して2か月後くらいだったか、私は嘱託職員として働き始めた。主な仕事は当時市内に160数ヵ所あった文庫や公民館、小学校などに団体貸出の本を届けることだった。1年経ったころ、どこかに研修で図書館見学に行ってよいと言われ、深く考えることなく関西の図書館に行ってみようと考えた。関西の図書館にはそれまで一度も行ったことがなかったからだ。たまたまそのころ発行されていた『図書館づくり運動入門』(図書館問題研究会編 草土文化 1976)1冊をもって。最初に訪ねたのは大阪の吹田市立図書館だ。見学後、応対をしてくれた職員の人から、このあとどこに行くかときかれて、松原にと答えると、すぐに松原の図書館に電話をして私にかわられた。電話の相手の女性の方は図書館の職員ではなかった。どういうことだったか、待っていますと言われて訪ねて行った。そこにおられたのは中川徳子さんだった。今から思えばその時、館長は図書館におられなかったのではないか、私は自転車を押して歩く中川さんとまずご自宅に向かった。雨の日文庫を自宅でされていた中川さんと歩きながら何を話したかはまったく覚えていない。ただ図書館づくりに向けての熱いお気持ちと凛としたお姿が心に刻まれている。この後、松原の図書館に行ったのだったか。“駅前分館”の大きな看板が建物の2階?の壁面いっぱいに掲げられていたのを覚えている。建物自体は松原市中央公民館だという。看板をみれば、公民館とは思わず図書館(分館)と思うほかない。そこで初めて西田さんにお会いしたのだと思う。「この椅子は、喫茶店」かどこかからもらった、そのようなことをお聞きした。ゆったりとして話す西田さんから愉しい気が伝わってきた。ここは図書館ですとばかりの大きな看板や、喫茶店?からくつろいで座れる椅子を何台も、いかにも何ごとなく手に入れておられる(と思われた)など、私が初めて出会う大きな人だった。――― 1937年(昭和12年)生まれ、私より9歳年長の西田さんはこの時40歳くらい、1962年(昭和37年)に文部省図書館職員養成所(1年課程)を卒業した年に大阪府立図書館で務め始め、1970年(昭和45年)から大阪府立夕陽丘図書館、そして1974年(昭和49年)吹田市立図書館長として出向(4年間)、引き続き1976年(昭和51年)から2年間、松原市立図書館長として出向されていた。その2年目にお会いしたことになる。西田さんがどんな人か、何をしてきた人か、私はまったく知らないまま西田さんにお会いしたのだった。 「松原市民図書館活動報告」(2021、令和3年度)の1頁の「歩み」をみると、西田さんが松原市に来られた1976年の事績では、 「6月、配本車受贈・松原ライオンズクラブより。7月、市立天美公民館内に図書室開設(条例制定後は分室)。11月、「図書館設置計画審議会答申」が出される」とある。私が最初にお会いした、西田さんにとっては2年目の1977年(昭和52年)は「4月、「松原市図書館条例」「松原市図書館運営規則」公布、松原市民図書館発足、中央公民館図書室を松原駅前分館としてシステムの本拠地とする。布忍公民館内に布忍分室開室」となっていた。――― まさに私は松原市民図書館が開館した年にお訪ねしているのだ。そのことに私の目はしっかり届いていなかった。あらためて振り返ってみると、この最初の見学で私はいくつもの大切な要点を見落としている。「母親たちの地べたをはいずりまわるような図書館づくり」、「母親たちの長く苦しい運動」「母親たちの迫力あるとりくみ」「松原市のように、その誕生から現在、おそらく将来に至るまで、文庫の存在なくしては考えられないというような図書館」【「変身する図書館—―子ども文庫の母親たちと図書館づくり――」西田博志、『出版ニュース』1977年9月下旬号 通巻1089号】。中川さんの文庫活動は松原市の図書館づくりにとどまらず、いや、松原での文庫活動、図書館づくりの活動そのものとして、大阪で図書館が「文庫に本を貸す」ことを当たり前にするための息の長い、住民運動があり、その運動が大阪府下の文庫が大同団結した「大阪府子ども文庫連絡会(大子連)」に引き継がれ、その後の大阪府下での各地の図書館づくりに大きな意味をもった。中川さんはこの大子連前史、そして大子連の活動の渦中の要の人(1975・大子連準備会代表、1976,1977・ 副代表、その後、書記、評議員など。1987~1993年「育てる会」代表)【『本・こども・・おとな―大子連20年の記録―』大阪府子ども文庫連絡会1996.3(驚クバカリの記録集!)/ 「中川用」と表紙にメモされたこの貴重な資料を2003年4月12日に中川さんから手渡されている。同日能登川の図書館で、『子どもと文庫、そして図書館と―私の歩んできた道―中川徳子講演会』】 そのような目もくらむようなすさまじい図書館づくりに向けての運動への私の感受の仕方と、西田さんがわずか2年間の間に図書館長として取り組まれたその取り組み方、その行動を支える考え方、その気と心への私の受け止め方は、ほんとうに浅いものであったと思う。 そして自動車図書館を見ていない‼ もしその時、松原市民図書館の自動車図書館を見ていたら、その車体の側面と後部に描かれた絵を見て私は歓声をあげるか、言葉を失っていただろう。1988年3月25日に発行された漆原宏さんの『地域に育つくらしの中の図書館 漆原宏写真集』第2刷【初版は1983年12月5日】を、後年、10年以上たってから手にしたのだが、次の頁の写真を見てほんとうに驚いた。 ――― ① 36頁.  読みたいものばかり 松原市民松原図書館B.M ’76・11・2 《 わー何ということだろう。子どもの隣に座って本を選んでいるのは、Nさんではないだろうか?そのことを漆原さんにお聞きする機会をもつことができなかった。》――― Matsubara Citizens’ Library, Osaka.  Bookmobiles, weekly market of books. ② 47 頁.  現代版・門前の小僧・・・・・松原市民松原図書館 B.M ‘82・4・22 Matsubara Citizens’ Library, Osaka. 2枚の写真で車体の絵の作者が一目瞭然!写真では移動図書館の車体の横の扉2枚があげて固定されていて、その側面にどんな絵が描かれているかわからないのだが、後ろの扉とその側面には、帽子をかぶったゾウとダチョウ(その下には小さなトリ)が描かれている。 子どものときから絵本を手にすることがなかった私は25歳で図書館員となり、いきなり図書館で購入する絵本を選ぶことになった。とにかく絵本を何冊も借りて帰り、時にはつきあってくれる子どもに絵本を読んだりしていた。そうして持ち帰り読んでいた絵本の中で、私の中に刻まれた幾人もの絵本の作家があった。大人の目でも面白く、子どもたちと一緒に読んでも愉しい作家たち、その一人が長新太さんだった。その長新太の絵を自動車図書館の車体に。一体どのようにして、それを実現されたのだろう。西田さんのいう「母親たちの迫力あるとりくみ」の一つであったにちがいない。それにしてもあの時、私が訪ねたその場所に長新太の自動車図書館があったとは‼ 私が視察時に見落としてしまった大切なこと、その一端を記しておきたい。 先の「松原市民図書館活動報告」の「歩み」の書き出しは、 ・1970年(昭和45年)7月 「雨の日文庫」誕生 ※市の図書館の沿革が「雨の日文庫」誕生から始まっている。以下、西田さんが着任すする年の1976年(昭和51年)3月までをみると、 ・ 1972年(昭和47年)4月 松原子ども文庫連絡会(松子連)発足 ・ 1973年(昭和48年)7月 中央公民館内に地域文庫“松ぽっくり”誕生             11月 松原市自動車図書館運営と将来計画委員会発足        (委員:松子連より中川、滝川/栗原均、森耕一、府BM・西田博志、他) ・1974 年(昭和49年)4月 自動車図書館12駐車場で発足(月2回、司書2名) (※西田さん着任の2年前に自動車図書館運行)                地域文庫“松ぽっくり”市へ移管                市立中央公民館内に公民館図書室として開設  (※地域文庫“松ぽっくり”を市に移管し、「市立中央公民館内に公民館図書室として開設」という事績にも目を瞠る) ・ 1975年(昭和50年)1月「松原市図書館設置計画審議会」発足―—――——―—— 〈委員長は森耕一氏、松原市の図書館計画で私の中に初めて森耕一さんが刻まれた。松原市民図書館の誕生とその後に深い関り。『公立図書館原論』(“公立”の意味すること)、ランガナタンの訳書などの著作の数々、後年、著書の影響でエドワード・エドワーズの分厚い原書を九大図書館でコピー。また、長崎の純心女子短期大学で平湯文夫さんが企画された夏期の集中講義で一度だけ、お話を聞く機会をえた、ミヒャエル・エンデの『モモ』の時間の話が記憶に残っている。「忙しい」の「忙」は「心を失う」の意について話された。〉 それにしても、市の図書館の歩み(歴史)が一人の市民が自宅で始めた一つの文庫(雨の日文庫)の始まりから書き始められていること。そして2年後の「松原文庫連絡会」の発足、1年半後には中央公民館内に地域文庫“松ぽっくり”の誕生、その4か月後には、松原市自動車図書館運営と将来計画委員会発足。そして5か月後、長新太さんの絵が描かれた自動車図書館が走りだす(12駐車場)。長新太を選んで、それを形にする取り組みのすさまじさ‼。同時に地域文庫“松ぽっくり”を市へ移管して、市立中央公民館内に公民館図書室を開設。9か月後に「松原市図書館設置計画審議会」を発足している、というより発足させている。それらの活動の陰に森耕一さんや西田さんたちの姿が感じられるけれども、雨の日文庫と文庫連絡会を核とした市民のすさまじい活動―「長く苦しい運動」が西田さんが松原市にやって来られる直前まで6年かけて行われていたのだ。そのすさまじい中川さんたちの図書館づくりへの思いを結集した力が、松原市の初代館長として、他の誰でもない西田博志さんを松原市民図書館長とさせたのだと今にして思う。中央公民館内で地域文庫“松ぽっくり”を設け、それを市に移管して、公立の公民館図書室としたように、図書館が始まるとき、その要の役割を担う図書館長に、この人をという選択、図書館の要に要の人を得ることが肝心要のこととして、それを実現させるための「母親たちの地べたをはいずりまわるような図書館づくり」に向けての深い思いと行動―― 後に、13年後の1990年6月25日、西田さんは北海道公共図書館司書会創立10周年記念の図書館セミナーでの講演で、中川さんについて「大阪の「雨の日文庫」の中川徳子さんは(私は、その人に育てられたようなものですが――)、松原市の図書館づくりに携わっていたときに、いろいろと仕事を一緒にしました。その方を滋賀県立図書館の専門講座にお呼びしたときに・・・」(演題は「図書館の職員はどうあるべきか」)と語られている。 松原市民図書館見学の報告(福岡市民図書館、視察報告1977年) 以上のような私の視察時での要の欠落があったものの、それでも私が中川さんや西田さん、そして松原市の図書館づくりの取り組みから受けた衝撃は深いものがあった。福岡市民図書館の職員の研修の場で、私はかなりの資料を配布して、松原市民図書館の報告をした。 どこかに青焼きでやいた46年前の原稿のコピーがあるはずだが、今はでてこない。 1976(昭和51)年11月、西田さんが着任(図書館担当参事、府より出向)して7か月後に「答申」をだしているが、私は主にその答申の内容について話したのではないかと思う。図書館計画というものを、松原市の計画で私は初めて目にしたからだ。このようにして図書館づくりを進めるのか、目を見開かされる思い。当時人口100万人をこえる福岡市では図書館は1館だけで、市民だれもが利用できるための図書館計画、またその取り組みはまったくない状況の中で、松原市の図書館計画は、福岡市でのこれからの取り組みにその方途、その道を示すものに思われたのだった。 それから10年、福岡市で何らの動きがない中、私は「福岡の図書館を考える会」の活動を始め、1988年(昭和63年)1月に市民による福岡市の図書館政策『2001年われらの図書館――すべての福岡市民が図書館を身近なものとするために――』を仲間ととも発行した。その冊子の「添付資料」の「4.すべての市民が利用できるためには―全域サービス・松原市の場合」で、1977年に松原市民図書館を見学した時に入手した資料をもとに、松原市の事例を紹介、掲載している。福岡市民図書館での同年の出張報告でも、この内容を主に報告したのだと思う。 『全域サービス』の説明では。 図書館の来館者の密度と距離の関係がどう変化していくか、その比率(来館者密度比)をものさしにして、市内どこでも(全域)で利用できる体制をつくる。 人口13万5千人、図書館数6館、(人口22,500人に1館)、自動車図書館1台、貸出628,000冊(市民1人当り4.7冊)、職員28人(市民4,821人に職員1人) 利用圏は以下の通り 地域館・・・・・700m 分室・分館・・・500m ステーション・・300m (1983年現在)【「松原市の市民図書館1984」日本図書館研究会より】 松原市の図書館計画と図書館づくりの実践は、『2001年われらの図書館』をつくるにあたって、「すべての福岡市民が図書館を身近なものとするために」「全域サービス」が肝心要のことであること指し示してくれるものであった。 松原市の中川さんや西田さんたち、そして文庫連や市民の一人ひとりの方たちの図書館づくり運動の営み、そこから生みだされた全域サービスを核とした図書館計画は、私にとって中川さん、西田さんから授かった最初のかけがえのない贈りものだったと、今にして思う。以後の私は、そこで示された道に向かって歩んできたように思う。 西田さんは松原市での図書館長としての2年間の出向が終わると(1976.4~1978.3)府立中之島図書館に帰られた。同館に1978年(昭和53年)4月から6年間、こうして府立図書館では22年間勤められた。(そのうち6年間を吹田市と松原市に図書館長として出向) 滋賀県八日市市では新しく図書館をつくるにあたって、館長人事で校長先生のOBをという当時の市長の考えに、「それは困る」と主張する市民の動き(力)があり、県教育委員会文化振興課(上原恵美氏)の強力な関わりの中で専任専門職の館長の招へいとなった。こうして西田さんは1984年(昭和59年)4月から、八日市市から招へいを受けて新館開設準備室長として、また1985年(昭和60年)4月からは図書館長として、同年7月の図書館開館を経て、1997年(平成9年)3月までの13年間を八日市の職員として勤務。 中川徳子さんとの再会 一方、私は松原市民図書館を訪ねた翌々年の1979年(昭和54年)3月末で福岡市民図書館(開館は1976.5.30/在籍1976.7~1979.3)を退職し、4月から福岡市の外郭団体、財団法人博多駅地区土地区画整理記念会館の職員として働き始めていた。同館は福岡市が20数年をかけて博多駅地区の区画整理事業を行い、その事業の完了に伴い、この事業への周辺住民の協力に感謝して建てられたもので、3階建てのうち、1階に232㎡の図書室、2 階に無料の和室(大広間)と有料の茶室、3階に大小の有料の会議室があった。職員は福岡市を退職した職員が数年間事務局長として1名。正規職員は私の1名(途中から事務職員が1名ふえたが、のちに嘱託職員となる)、図書室は私と臨時職員1名(のちに2名)という体制であった。図書室は“記念会館図書室”と称していた。(図書室開室1979.6.12) 2年前の福岡市民図書館での松原市民図書館の出張の報告の影響があったのかどうか、記念会館図書室が開館する直前、4日前の1979年(昭和59年)6月8日(金)、市民図書館で新しく始められた事業、「婦人読書ボランティア養成講座」が開かれ、中川徳子さん(雨の日文庫)と中川さんの友人の正置友子さん(青山台文庫)のお2人が大阪から来られ講師として話された。「子どもの創造性をはぐくむ文庫活動」というテーマだった(10:30~14:00)。講座終了後、お2人が記念会館図書室を訪ねてくださった。おみやげに色鮮やかなデザインの元気あふれるエプロンをいただいた。中川さんは新しい仕事場を喜んでくださった。中川さんとは1年半ぶり、2度目の出会い、正置さんとは初めての出会いだった。小さな新しい図書室(地域の図書館)の開館・新たなスタートに向けて、天からの贈り物のような深い元気を吹きこまれる出会いだった。 〔改築/開館2002・平成14.10.1。図書室232㎡➡114㎡;臨時職員1名、2か月毎の勤務〕 西田さんとの2度目の出会いまで 記念会館を1988年(昭和63年)10月末で退職(在職1979.4~1988.10)した私は12月から苅田町の職員となり教育委員会で図書館開設の準備に取りかかることになった(苅田町;人口3万4千人、開館は1990年・平成2年5月12日;開館まで1年10ヶ月間)。1987年(昭和62年)に始めた“福岡の図書館を考える会”では、先に記した市民による「福岡市の図書館の政策」づくりととも“図書館の話の出前”を行っていたが、その出前がきっかけとなった。出前は図書館について話を聞きたい、したいと言う人の所へ、福岡市内だけでは、県内どこにでも出かけて行くというもので、ある時、行橋市の図書館を考える会から声がかかり、そこで行橋市に隣接した苅田町の職員と出会った。それから程なく、苅田町で図書館づくりの動きがある、来ないかということだった。 苅田町立図書館は福岡県内75町村中第5番目の町立図書館として、平屋建て、1983㎡、蔵書約52,000冊で開館した。(1990.5.12:小波瀬分館40㎡〈1989;2009年➡80㎡〉,BMは15日後の6月1日から、21ステーション)。設計は(株)山手総合研究所の寺田芳朗氏(後に独立して寺田大塚小林計画同人)だった。図書館は開館の年から、図書館計画の2倍をこえる利用があった。計画では、全国の先進的な図書館の利用度を目安として、開館時の登録者を25%、住民1人当たり貸出冊数を6冊、開館から5年目の目標を登録者33%、貸出密度8冊を想定していた。開館した1990年度(11ヵ月間)から私が在職した5年間でみると、1990年度、貸出密度9.79冊、町内登録者42.6%;実質丸1年間の1991年度、貸出12.51冊、登録49.8%;1992年度14.24冊、登録54.8%;1993年度15.24冊、登録58.8%;1994年度貸出16.58、登録63.5%であった。 計画を大きく上回る利用があった主な要因は資料費の継続的な確保(人口当たり資料費、1990年度から1,327円、1,387円、1,351円、1,346円、1,389円;毎年、42,999千円~ 47,088千円の資料費)と分館網(1992年6月、北分館250㎡;1994年6月、西分館250㎡)の整備があったと思われる。また計画策定にあたって、図書館を求める、計画の2倍をこえる住民の強く深い要望をしっかりとらえきれていなかったと思い知らされたことでもあった。 八日市へ(2度目の出会い) 日時が定かでないのだが苅田町立図書館の開設準備期(多分1989.4~1990.3の間)、私は一人で八日市市立図書館を訪ねている。覚えているのはJR琵琶湖線の近江八幡駅で近江鉄道に乗り換え八日市駅で下車し駅から図書館まで歩いて行った時のことだ。昼食の時間と重なると思ってか、途中パン屋さんに立ち寄った。驚いたのは偶々立ち寄ったそのお店に図書館の何か行事のチラシがおいてあったことだ。初めて八日市の図書館を訪ねて、西田さんにお話したのは、まずパン屋さんで手にした図書館のチラシの話であったと思う。そのような場所に図書館のチラシがおいてある、その驚きを挨拶もそこそこに話していた。  西田さんとは10数年ぶり、2度目の出会いであったが、すっとお会いできたように思う。懐かしい人に出会えたような。八日市の図書館は高い天井の下、ゆったりとおちついた空間だった。カウンター前の職員の考案による新刊架、一般書架の最下段を手に取りやすく、見やすさを考えて、床下20センチくらいからにし(通常7㎝くらいからが多い)、5段書架と低書架にしていること。ゆったりとした書架間隔、写真集の収集の密度の高さとここでも、たしか職員手製の表紙見せ平置き架が印象に残っている。 目を引かれたのはサインだった。「社会を見る眼」、「戦争と平和」、そこにはNDC(日本十進分類法)をこわして、分類番号順ではなく、そのテーマ(見出し)のもとに、本が集められ並べられていた(色ラベルを貼付)。NDCによらない、市民にとって利用しやすい排架を目指して時間をかけての取り組みに目を瞠った。 「社会を見る眼」というサインは「ものごとを考える」ための資料の収集、提供という図書館の本来の機能と図書館が目指すものを明示しているように思われた。これはそのサインを目にしてすぐに思ったことではなかった。その時はただ驚いただけであったと思う。ただその驚きは私の中に深く刻まれ反芻されての気づきだった。 「いいまちづくり 役立つ図書館」の常設のコーナーも目にとまった。何かハッとするコーナーだった。まちづくりと図書館、市民の誰にとっても住みよいまち、「いいまちづくり 役立つ図書館」はどの図書館にとっても、図書館の目指すべき在りようではないかと。 自然保護と環境の本のコーナーも、そこに焦点をあてて幅広く奥深い資料の収集と提供に力を尽くしている棚からは、図書館は誰のために、何のためにあるのかという八日市市立図書館の明確な姿勢が伺われた。 この時の視察時に西田さんに話したかどうか。苅田町で私にとって初めて図書館の開設の準備に取り組んで、初めて図書館の建築、設計について向きあうことになった時、私が図書館の建築と設計を考えるための手がかりとすることができたのは1冊の本だけだった。『図書館施設を見直す』本田明、西田博志、菅原峻著(図書館員選書15、日本図書館協会 1986)。3人の著者による本書は私にとって深く納得でき、目を開かれる内容に満ちたものだった(西田さんが書いた4章、とりわけ3.「よりよいサービスを生み出すカウンター」の3.2「カウンターは図書館員を遠い存在にする」、カウンターの敷居の高さ)。出版されて27年がたち、在所の図書館では書庫に入っているこの本は、2023年の今読んでも学びが深い本だ。基本設計がどういうものであるか、それがどれだけの時間を要するものかを考えることができなかった私は、この書をものさしにして設計に向きあうとともに、今ひとつ、 何を目にして得た思いだったのか、設計者が図面に最初の線を描き始める前に、まず設計者と図書館長が相対して、どんな図書館を目指しているかを語りあい、協議を始めることが肝心要のことだとの思いがあった。実際はたっての思いで町が設計事務所の紹介を図書館計画と施設の在りようについて研究されている人にお願いし、図書館建築に思いと経験のある3社の事務所の紹介されていたが、2社からは辞退された。設計期間があまりにも短かったことがその主因だったと思われる。あの状況の中で、あの設計期間であの設計をなしうるのは寺田氏しかなかったと、今にして思う(寺田さんとの出会いに感謝の思いをこめて)。 ともあれ基本設計の設計期間が4ヶ月であったことから(それがどんなに短すぎる設計期間であるかを私自身がまったく考えていなかった)、1988年12月1日に準備室が設置されて1週間もしないうちに基本設計の第1案が準備室と協議を始める前に届き、12月7日に横浜にある設計事務所を訪ねて初めて寺田氏に対したのだった。西田さんにはそのような経緯は話してはいないが、『図書館施設を見直す』の論考から深い力を授かったこと、西田さんの著書を通して手渡されたもののことをここに記しておきたい。西田さんが八日市に来た時には、図書館計画(日本図書館協会委託)も設計もすべて終わっていて、西田さんは館長として作成や協議に関わっていない。(この間には県立図書館長の前川さんの深い関り、ご助力があったと思われる。)西田さんに設計協議に館長として関わってほしかった、そうしたらどんな図書館が生まれただろう、それを見てみたかったという私自身の心底の思いがあり、そんな西田さんと建築家との向きあい方がどうであったかを『図書館施設を見直す』の著者西田さんからお聞きできればという秘かな夢のような思いが私の中に埋もれてあったことに今ようやく気づく私がいる。西田さんと色々もっとお話ししたかったと。 3度目の出会い(八日市市立図書館 1992年11月) 西田さんにお会いした3度目の期日ははっきりしている。1992年のことだった。 1992年、苅田町立図書館が開館2周年を迎え(5月12日)、6月2日には北分館(苅田町立北公民館図書室)が開館。10月3日には1990年5月12日に開館して以来の町立図書館の貸出冊数が100万冊突破(100万回の本と人との出会い)。その翌月の11月17日、日本図書館協会の第8回公共建築賞・優秀賞を苅田町立図書館が石垣市立図書館とともに受賞(1989年、八日市立図書館、1994年湖東町立図書館、同賞受賞、その後、八日市市、湖東町は五箇荘町、愛東町、永源寺町と合併して東近江市となり、これに能登川町と蒲生町が編入合併して1市6町が東近江市となった)。 その授賞式が名古屋市で行われ、沖勝治町長、増田浩次館長に同行した。その帰途、館長の増田さんに八日市の図書館を見てほしくて2人で同館を訪ねた。その際、館内の視察や館長の西田さんのお話とともに、私たちは苅田町立図書館のその後の運営にあたって指針づくりにヒントとなる、八日市市立図書館の取り組みを知らされた。八日市で1991年以来、毎年作成している「八日市市立図書館の目標」だ。「1.私たちの目指す図書館づくり」として10の目標が掲げられている。Ⅰ番目には、「1.市民の求める資料・情報に、かならず応える図書館」、そして、10の目標を達成するために、「Ⅱ.目標を達成するための具体的な課題(指針)」として、7つの柱(指針)が立てられ、それを実現し達成するための具体的な方策が挙げられている。7つの方策(指針)とは、 1. 要求された資料に必ず応え、より多くの市民に資料を借りてもらうために(9つの方策) 2. 子どもへのサービスを発展させるために(5つの方策) 3. 市民の生活、地域の要求課題に役立つために(6つの方策) 4. 温かさと安らぎのある空間を創り出すために(7つの方策) (1) お客さんへの対応は「さわやか」をモットーとし、あいさつや「ありがとう」 という言葉を大切にする。決してベタベタしない。 (2) 資料のことを聞かれたら、コンピュータに頼らず、気軽に書架へ案内する。 (3) 書架が図書館の顔であることを認識し、全員が整理、整頓(面揃え)に務める。 (6)他のお客さんの迷惑になる行為については、目立たない方法で注意する。 5. 真に市民の要求にこたえる資料を収集するために(4つの方策) (2)最新情報としての新聞、雑誌を重視する。 (3)選書にあたっては住民のニーズを基本をおき、つぎの点に留意する。 ① 市民の向上心に刺激を与えることができるかどうか。 ② 資料的価値があるかどうか ③ 街づくり、商店(街)、凧、蛍などに関するもの ④ 自然保護、ゴミ、リサイクル、原発問題など環境保全にかんするもの   (4)高度に専門的なもの、人間の尊厳を傷つけるようなもの、名作物の抄訳版や      翻案もの、芸術的価値の低いマンガや絵本などにちては当面収集せず、これら       リクエストされた場合は、県立図書館などからの借用によって対応する。 6. 自立性のある職員集団を形成するために(7つの方策) 7. 八日市市の図書館システムをつくり出すために(7つの方策) (1) 貸出を伸ばすためだけでなく、分館建設に向けて移動図書館の効果的運用を図る。 (2) 「分館設置」の機運をつくりだすため、市民、行政への働きかけを強める。 (3) 自宅配本、テープ録音など障害者へのサービスを軌道に乗せる。 (6)県立図書館を十分に使いきり、その上で国立国会図書館をはじめ全国の公立、大学図書館などの力を借りる。 (7)図書館のリサイクル政策の一環として「リサイクル・ショップ」の設立を検討する。【のちに「ぶっくる」として実現】 「目標をかかげ、課題をさぐりつつ」は、『図書館建築22選』(図書館計画施設所編著 東海大学出版会 1995.4)の中で、西田さんが八日市市立図書館について書いた文章の標題であるが、「目標をかかげ、課題をさぐりつつ」は西田さんのさいごの仕事場となった八日市市立図書館での取り組み、実践の姿勢そのものを表していると私には思われる。目標をかかげ、何が課題であるかをさぐりつつ、解決の手立てを考え、それを実践していく。このようにして目前の課題に立ち向かっていくのだ、というあり方を鮮やかに後進のものに指し示している。 【「目標をかかげ、課題をさぐりつつ」は『八日市市立図書館(新館)開館十周年を 記念して』(八日市市立図書館 平成8年(1996年)12月)に転載されている。以下 『十周年を記念して』と表記する。】 苅田町立図書館では1990年(平成2年)5月の開館にあたり、私たちが目指す図書館 として4つの目標を掲げていた。 (1) 学ぶ 生涯にわたる自己学習を保障する、町の情報センターです (2) 集う 本のある出会いの広場、ふれあいの広場です (3) 憩う すべての人が自分の時間を、お気に入りの場所で過ごせます (4) すべての町民のための図書館        いつでも、だれでも、どこに住んでいても、なんでも利用できます つぎは、この4つの目標を達成するための具体的な指針を苅田町に即して考えることだった。こうして翌年度の1993(平成5)年4月から、「苅田町立図書館の目標―私たちが目指す図書館―についで、「運営方針」として、4つの指針を表明、明示したのだった。 1.「学び」を実現するために  (1)住民の求める資料を確実に提供し、さらに資料に対数要求を高める。(方策6)  (2)豊かな、魅力ある資料を収集する。(方策3)    ②町民のための最新の情報源として、新聞・雑誌の収集に力を入れる。       市販のものに広く目を配るとともに、町民の目に触れにくいもの、入手しに       くいものの収集に配慮する。雑誌については、複本も積極的に購入して最大       300誌を目標に増加を図るとともに、利用度、内容に応じた更新を常に検討す       る。      ③選書にあたっては、住民が求めるものを基本にして、次の点に留意する。     ア 読者に生きていく上での力や励ましをあたえることができるかどうか。読者に学ぶ楽しさを伝え、学びの世界に誘うものかどうか。・読者が読んで何かを発見する本・正確な本・美しい本・著者が一生懸命に書いている本  イ 資料的価値があり、かつ利用度が高いもの  ウ 豊かな暮らしに関わるもの  エ 町づくり、地方自治に関するもの (4) 町民の暮らしの課題や地域の課題の解決に役立つ(方策4) ① 町民の暮らしの中での疑問や仕事の上での疑問、また、地域で直面している課題の解決に「レファレンス」サービスという形で援助する働きが、図書館の基本的な業務であることを事例紹介とともに広く知らせ、「調べごとは図書館で」といった利用を図る。 ② レファレンスの回答をする時は、必ず複数の職員にも相談し、また、結果を職員全体に周知する。 ③ 住民の声を聞き、住民の求めているものを把握することに絶えず努め、選書や図書館運営に生かしていく。 ④ 地域の課題や行政課題の把握に努め、その課題に関わる資料の収集・提供を行う。 2.「集い」を実現するために(方策3)   〇本のある広場としての図書館を育てる 3.「憩い」を実現するために(方策4) 4.「すべての町民のための図書館」を実現するために(柱4,方策9) (1) 児童へのサービスを発展させる ① 子どもが生きている世界や、子どもを取り巻く地域の状況の把握に努め、一人ひとりの子どもが見える対応を心がける。 ② 子どもの身近に、子どもの手の届くところに、「本当におもしろい本」のある状況を作ることに力をいれる。 ③ 子どもカウンターに職員を配置し、子どもの本の読書相談を積極的に行う。 ④ 読書に慣れていない子どもに、愉しく面白い本の世界を知らせるため、定期的なおはなしタイムや人形劇など、各種の行事を行う他、フロアでの読み聞かせを行う。 ⑤ 地域の子どもの読書環境の改善に取り組む文庫活動に対して、その活動状況をつかむとともに、できるかぎりの支援をする。 (2) お年寄りや図書館利用にハンディキャップのある人へのサービスに努める。 (3) 図書館を一度も利用していない未利用者への働きかけを行う。 (4) 苅田町の図書館システムをさらに充実させる。(方策4) ⑤ 求められた資料を確実に提供するため、県立図書館をまず十分に活用し、さらに国立国会図書館や全国の公共図書館、大学図書館などの協力を求める。相互貸借を通じて、全国の図書館につながる活動を積み重ね、図書館システムのさらなる充実を図る。 【注記:当時は県立図書館から県内の図書館を巡回して、相互貸借を行う体制ができていなかった。】 西田さん 苅田町の事例を長々と書いてしまいました。八日市の図書館から深く学び授かったことを、西田さんに何の報告もしないできたことを改めて思い返し、遅ればせの報告をしようとする私がいます。最初に松原をお訪ねして以来、お会いするたびに、またご著書と西田さんの図書館での実践活動の足跡から、私自身深く自覚しないままに、その時々にこの上ない学びを授かってきたこと、そのことをこれまで一度も西田さんにお話していなかった自分自身に驚いています。 長くなってしまいましたが、あといくつかのことを。 4度目の出会いは (滋賀で 1995年) 苅田町立図書館が開館して5年目の年の暮れ、1994年12月、滋賀県能登川町で図書館開設の動きがあり、翌年4月に設置される開設準備室での仕事のお話があり、お受けすることにした。3月末で退職するまでの3カ月の間に、能登川町で図書館・資料館(のちに博物館)の基本構想策定委員会が3回開かれ委員会に参加した。1回目の委員会は阪神淡路大震災が起きてそんなに日がたっていない1月の末頃だったろうか。委員会に先だって送られてきた資料の委員の名簿をみて驚いた。能登川町の町民や町職員の他に町外の委員(学識経験者)として、滋賀県立図書館長の澤田正春さんや八日市市立図書館長の西田さん、そして滋賀県立博物館の準備室の用田さんのお名前があったからだ。澤田さん、西田さんのお名前に驚いてしまった。県、県立図書館をあげての、県内の図書館が協力し合っての、他県に例のない図書館づくりの真剣で本気の姿勢が感じられた。なんとその委員会で西田さんにお会いできると思っていたが、西田さんは病気で欠席され、1回目の委員会だったかどうか定かでないのだが、委員会終了後に病院にお見舞いをした。4度目の出会いだった。車好きの西田さんはその頃、キャンピングカーで生活をする住所不定の図書館長で、西田さんが倒れたのは河原に止めていたキャンピングカーの中でだった。なんとか図書館まで来られたもののそのまま入院されリハビリにつとめられたが、図書館に来られるようになったのは4月以降だったのでは。そうしたお体の状態で、八日市市立図書館開館十周年記念事業(7.23岡部伊都子講演会、乾千恵語りの会)、西田さんの仕事の集大成とも思える「風倒木」(7.9)や「ぶっくる」(本のリサイクルショップ 7.9)のオープン準備にとりかかられた。 西田さんは委員会に参加されることはなかったが、委員としておられるだけで、私は大きな拠り所と感じていたように思う。 準備室発足前に、1年間、担当職員を研修に 1995年4月1日から人口2万3千人の能登川町で図書館・資料館開設のための仕事が始まった。準備室のスタッフはそれまで社会教育課係長として実質的な開設準備を担当してきた清水保さんと、司書の資格をもちそれまで町長部局の仕事をしていた松野勝治さん(現・東近江市立八日市図書館長)と私の3人。私が驚いたのは、準備室が発足する前の1年間、松野さんを図書館での研修にだしていてくれたことだ。それも滋賀県立図書館で半年、八日市市立図書館で半年という、研修先としてベストと考えられる図書館でだった。図書館の研修では、研修での様々な学び自体の重要な意義は勿論のことだが、それにあわせて、それぞれの図書館で生まれたと思われる松野さんと2つの図書館の職員の人たちとのつながりは松野さんのこれからの図書館での仕事に大きな力になると思われる。明るい性格でユーモアにあふれ、ひと懐っこい松野さんは幾人もの人と親しい関係を、そうと意図せず 作っていると思われた。そして新館準備に当たる職員の研修先ということで、西田さんと澤田さんがが立ち現れたことに私は心底驚かされた。能登川の図書館が開館するまで2年6カ月の期間(苅田町の2倍)があったが、準備室の仕事が何とか進み始めたある時期、短い期間であったが土曜日か日曜日の役所が休みで準備室が閉室の日に、私は館長の西田さんの許しを得て、八日市の図書館で返却本を書架に返す作業をさせていただいたことがある。できれば自ら志願して、そこで実習したいと思う図書館が八日市市立図書館だった。また、県立図書館の仕事をしている県立図書館が全国で数少ないと思われる中で、滋賀県立図書館は県立図書館は何をするところかを、日々の活動を通して示し続けている図書館で、町立図書館の職員がその県立図書館の実態を知り、県立の仕事の体験をすることは、町立図書館で仕事をする上で、県立図書館をよりよく利用し、町立図書館の職員としても、今、これからの県立図書館のあり方を考えていく上でも、この上ない得難い経験だったと思われる。 こうして能登川町立図書館が始まる前に、西田さんによって図書館魂ともいうべきものの種が蒔かれていたことにあらためて思いがいたる。 西田さんの図書館の実践、そのお仕事で、あとを歩んできたものとして感謝にたえないのは、その軌跡を記録として、文書として残されていることだ。住民と図書館が共同で企画編集する『筏川』の刊行、『八日市市立図書館の目標』、そして『十周年を記念して』。 それらを手にとって頁を開くと、どの頁からも西田さんの実践から生まれた声や魂の声が立ち上がってくる。 『十周年を記念して』の14頁、「すべての本を貸出するということ ―八日市市立図書館の理念―」には、西田さんの図書館魂が語られているように思われる。 「八日市市立図書館設立の目的は、第一に発行されている図書のすべてを、八日市市民及び市内に通勤、通学している者のすべてに貸出し、提供することである。  それは当図書館内に保有するものの他に、国立国会図書館をはじめとする他の公立図書館、大学図書館等にある発行物を、八日市市立図書館の名において、市民等に貸出し、提供するということである。その意味では、一地方自治体における住民のための「本の窓口」という役割を果たすものであろう。  私たちが、これに基づいてまず手がけたのは、「図書館にある本はすべて貸出しをする」ということである。普通、図書館では、辞書や事典、ハンドブックなど参考図書、あるいは雑誌の最新号については、貸出しをしないという所がたいへん多い。  当館では、こうしたいわゆる参考図書や郷土資料でも貸出しすることにした。これは職員が参考事務を行うなど、職員の間で多少ひっかかりはあったが、百科事典を複本で購入する、貸出し期間を1週間にするなどして、なんとか乗り切った。これまでに数年経ったが、これにより大きな支障が起きるということはなかった。一般図書では、加除式の現行法規については、その性質上、貸さないということが決められた。 【このことでは、能登川町立図書館も1997年11月の開館以来、貸出ししない図書は現行法規だけであったが、すべての図書を貸出すことで私がいた開館後の9年間で、支障をきたすことは一度もなかった。 在所の図書館や近隣の図書館で、すぐ目につくのは「禁帯出」のラベルが貼ってある図書(の一群)だ。その多くが館内にあっても手に取られず利用されていないように思われる。】 そうして雑誌については、要望の多かった女性誌を中心に、複本を180種類ほど購入し、週刊誌以外の最新号の貸出しを始めている。総タイトルも180種類から始まり500種をこえていた。(580種?) 貸出し冊数を無制限にし(能登川も)、ランガナタンの図書館学の5法則のうち「図書は利用するためのものである」という第1法則から八日市の図書館の書架の高さや並べ方を考えている。私も5法則は図書館の運営にあたっての実際的なものさし(基準)だと考えてきたが、そのものさしにのっとっての実際の適用、応用や見直しがいつも求められていると思う。 能登川町立図書館も基本構想を策定したとき、「貸出をサービスの基本とする」と掲げてきたが、そのことがどういうことであるかが、よく考えられていない図書館が訪ね歩く図書館の多くで見られるように思う(「禁帯出」のラベルに象徴される)。西田さんの「図書館が何をするところか」の要の理念「すべての本を貸出する」という図書館の存立の理念が 2023年の今、西田さんたち八日市市立図書館の実践をもって問われているように思います。 『十周年を記念して』には、多くの市民の声とともに、十周年記念式典での西田さんの言葉、(「十周年について」)についてや、「八日市市立図書館はなぜ貸出冊数「10万冊減」を打ちだしたか」、「図書館と集会行事」(八日市図書館において集会行事とはなんであったか)、「八日市市立図書館見学記」「私の研修日記」(橘良枝)、「雑誌・新聞記事から」、「資料」、そして最後に「八日市市立図書館がつぎに目指すもの」が掲載されている。 その中で『子供と読書』〔岩崎書店 1989年1月から12月まで連載、『いなかの図書館から(1)~(11)』〕の第1回目に掲載された西田さんの「ココ・ゴリラがきた理由」を紹介しておきたい。 八日市図書館を訪ねた人にはお馴染みだが、図書館の入口を入ってすぐ、カウンターの手前の心地よさげな椅子に座った大きなゴリラが迎えてくれる(「もちろんぬいぐるみだが等身大(?)の精巧なもので、相当に迫力がある」)。「西田さんがこのゴリラに出あったのは1988年11月、大阪の某プラザの玩具売場。「その巨体は人の目を引くのに十分な貫禄をもっていたが、私をその場から立ち去り難い気持ちにさせたのは、むしろうつむきかげんの顔の下からのぞいている、なんともいえない優しい眼差しのせいであった。」「このぬいぐるみのモデルになったのは、世界ではじめて人間のことばを修得した、ココという名のローランド・ゴリラ」「私は、このココという名のゴリラを図書館にほしいと思った。がっしりしたその巨体とやさしい眼差しを図書館の子どもたちに見せてやりたい、そう思ったのである。しかしその定価はなんと十五万円!」「われわれのごとき弱小図書館に、おいそれと手の出るような代物ではない。それでも、あのゴリラがほしい。八日市に帰ってきてからも、その思いはなかなか消えなかった」「あたらしい建物になって、どことなく取り澄まして見える自分たちの図書館に、私は少々あせりのようなものを感じていた時期であった。」「誤解を受けることを承知でいえば、単に貸し出しするだけの図書館なら、今の時代、当たり前のことである。暖かさと安らぎを感じさせる、そういう図書館づくりこそやってみたい。」 「ほっとする空間、そのなかでこそひとびとは自分の必要とする本に出あうことができる。さんざん迷ったあげく、ついに私は大切な図書費を割いて、ココをつれてくる決心を固めた。」「職員はあきれた顔をし、財政担当者は渋い顔をした。ふだん「図書館の命は図書費」などとわめいておきながら、こともあろうにその予算でぬいぐるみを買おうというのだから、そういう顔をされて当然なのである。それでも最後は「ま、館長がそういうんやさかい」と承知してくれた。」「ココがきてしばらくは、そのあまりの迫力に泣きだす子どももいて、私は身が縮まる思いであった。私が感じているココの暖かさは、もしかして私自身の思い込みにすぎないのではないかなどと思ったりした。しかし、人気の方は上々であった。子どもだけでなく、おとなたちもシゲシゲと眺め、さわってその感触をたのしんだりしていた。ココのやさしさをわかってくれたのだろうか、最近では泣きだす子どももほとんどいなくなった。力いっぱい抱きしめる子、手を引っ張る子、鼻の穴に指を突っ込む子などさまざまであるが、その姿を見るのはなかなかに楽しい。反対に中学生などが、ボクシングよろしくココのおなかにパンチを打ち込んだりするのを見ると、つい声をあらげたりするのである。」【私は残念ながら、その場に立ち会ったり、見たことはないのだが、西田さんの、相当に迫力ある怒声の姿が思い浮かぶ】 「ココを買ってよかったのかどうか。職員は相変わらず「しょうがねえ」という顔だし、図書館仲間は笑ってばかりである。よくわからないが、多分常識からはずれた行為だったのであろう。貸出実績においてココ効果があったというデータのないことを、私はたいへん残念に思っている。」 長くなってしまいました。さいごのご報告。能登川という八日市図書館の身近な場に12年間も住まいながら、図書館員にとっては宝の山である八日市の図書館をしっかり見る時間を持てていなかったことを痛感しています。最近、八日市の図書館から西田さんがおられていた時に刊行された『筏川』No.1~10と退職後に刊行されたNo.11 を送っていただき、持っていなかった号をコピーして1号からゆっくり読んでいます。なんとしたことか、その大半を読んでいなかったのです。3号のさいごの頁には、「図書館サービスご案内」の欄があり、「本や雑誌の貸出し」、「読書案内や調査研究へのお手伝い」、「コピーのサービス」に続いて、「ご自宅への配本サービス」がある、「身体的理由で図書館まで来られない方には、電話一本で自宅まで資料をお届けします。目のご不自由な方には、朗読テープの作成、対面朗読のサービスも実施しています。詳しくは職員にお聞きください。」とありました。 【だれでも 1985年の八日市市立図書館開館時から】 『筏川』からは西田さんの声が聞こえてきます。西田さん ほんとうにありがとうございました。                     2023年7月28日  才津原 哲弘